『複雑な問題が一瞬でシンプルになる 2軸思考』書評/まとめ

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

『複雑な問題が一瞬でシンプルになる 2軸思考』

近所の書店に寄った時に、少し奥に置いてあったのがこの本。

どう見ても『エッセンシャル思考』の表紙に似ている。著者は違うのだけど、そう思うのは僕だけだろうか。

ただ、内容は違う。複雑でぐちゃぐちゃになった頭の中のものを2軸にすれば、スッキリといった感じのことが書いてある。

内容としては、どちらかといえば、『3C』とか『4P』などの基本的なフレームワーク(考える枠組み)が苦手な人に最適な本だと思う。

ただ、得意な人でも仕事で「どうしていいか、わからない」と混乱してしまった時、まず、この本に書かれていることをイメージすれば、まず何をすればいいのかが比較的簡単に見えてくるはず。

この本のポイント

2本の線を引くだけで問題を解決できる

2本の線を引くだけで、複雑な問題をシンプルに解決できる。
本を開くと、はじめの方にこう書かれている。

「頭の中がごちゃごちゃで、なかなか仕事が前に進まない」
(中略)
でも、安心してください。
それはあなたの頭が悪いわけでも、知識や経験が足りないわけでもありません。

問題がうまく解決できない原因は、たったひとつ。
複雑な問題を、複雑なまま考えているからです。
複雑な問題を一瞬でシンプルにしたいなら。紙に、2本の線を引いてみてください。
あらゆる物事を一瞬でシンプルに整理することができます。

問題解決、アイデア出し、コミュニケーション、資料作成……
あらゆる場面で『思考のスピード』が格段に上がり、最速の時間で最大の成果をあげることができます」

2軸思考とは

「あらゆる問題を、タテとヨコの2軸で整理して考える」ということ。

2軸思考のメリット

本書では「2軸思考」のメリットを次の5つと説明している。

  1. 「悩む時間」がなくなる
  2. 「即断即決」できる
  3. 「新しいアイデア」を生み出せる
  4. 「わかりやすい説明」ができる
  5. 「わかりやすい資料」を速く作成できる

2軸思考のステップは次のとおり

  • ステップ1:考える目的に合わせて枠のタイプを決める
    (枠のタイプは何にでも使える「マトリクス」、ポジショニングがわかる「4象限」、変化を捉える「グラフ」の3つがある)
  • ステップ2:タテ軸とヨコ軸を決める
  • ステップ3:枠に情報を埋める

※詳細は本書をご一読ください。

書籍内容

外資系企業で15年活躍し、現在はプロジェクト・マネジャーとして数百人の部下を抱える著者が「深く、速く考える」ために作り出したメソッドを公開! 2本の線を引くだけで、あらゆる問題がシンプルに解決できる。

★2本の線を引くだけで、頭がすっきり。思考のスピードが爆速になる!

★日本IBMで15年間活躍する著者による、独自メソッド!

著者は、日本IBMエグゼクティブ・プロジェクト・マネジャーの木部智之氏。
木部氏は新卒でIBMに入社以来15年間、ずっと「トラブルプロジェクト」にかかわってきました。

人が足りない、スケジュールが迫っているなど、問題が山積するなか、目の前の状況を解決するために生まれたのがあらゆる問題を、タテとヨコの2軸で整理して考える」=2軸思考という方法でした。

2軸思考は「世界一シンプルなフレームワーク」。
何よりのメリットは、難しいノウハウは一切必要ないということです。
生まれつきの頭の良さや仕事経験なども関係なく、誰でもすぐに実践することができます。
2本の線さえ引ければ「3C」とか「PPM」のようなコンサルタントが繰り出す小難しいフレームワークを覚える必要はありません。

著者情報

木部 智之:日本IBMエグゼクティブ・プロジェクト・マネージャー。
横浜国立大学大学院環境情報学府工学研究科修了。2002年に日本IBMにシステム・エンジニアとして入社。入社3年目にしてプロジェクト・マネージャーを担当。2009年に役員のスタッフ職を経験し、2010年には 最大級の超大規模システム開発プロジェクトにアサインされ、大連への赴任も経験。日本と大連に数百人のメンバーを抱えている。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告