ファンベース 書評/まとめ

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

ファンベース

マーケティングというと、多くの人が悩んでいるのが「集客」。特に新規顧客に対して、どのようにプロモーション(販促)を仕掛けていくのか、と悩んでいる人は非常に多い。

ただ、今回ご紹介するのは新規顧客ではなく、既存顧客。特にファンに対してどう展開すべきか、基本的なことが語られている本でタイトルは『ファンベース

2018年2月6日に発売され、2月23日時点では総合447位と比較的売れている。

マーケティングを実践で取り組まれている人にとっては説明は不要だと思うけど。

現在はとにかく情報が氾濫していて、注意喚起自体の難易度が高まり、新規獲得が困難になってきている。

逆に既存顧客は既に顧客情報を把握しているし、大抵の企業が売上の大半を既存顧客が生んでいる。まさにパレートの法則(80:20の法則)のとおり、2割の顧客が7割から8割の売上を生んでいる。

その意味で既存顧客のコア(核)ともいえるファンをベースに展開していくのはとても重要なのだ。ここのところをまだ実践していない人にとって、基本をおさえる意味でオススメの本だと思う。

まず、ファンとは何か。本書ではこう書かれている。

「ファンとは『企業やブランド、商品が大切にしている「価値」を支持している人』と、この本では定義したい。支持する価値はいろいろだ。
『まさにこの機能が欲しかったんだ!』かもしれないし、『このメーカーの味、とても好みに合う!』かもしれない。(中略)そういう、企業やブランド、商品が大切にしている価値にグッとくる人、その価値にワクワクし喜ぶ人、その価値を支持し友人に薦める人。それが『ファン』である」

そのファンをベースにして売上を上げていく考え方がファンベースという。

「ファンベースとは、ファンを大切にし、ファンをベースにして、中長期的に売上や価値を上げていく考え方だ」

では、ポイントについて説明していきたい。

ポイント

少数のファンが売上の大半を生んでいる。

冒頭でも少し話したとおり、これはマーケティングの基本的な事項で、確実に押さえるべきこと。

  • 少数のファンが売上の大半を支えている。
  • 今いるファンを大切にして彼らのライフタイムバリューを上げていくことは、収益の安定・成長に直結する

短期施策(短期キャンペーン)は困難になっている

現在は膨大な情報量が氾濫しているなどして、注意喚起が困難になっている。

  • 世の中に情報も商品もエンターテインメントも溢れかえりすぎていて、キャンペーンがとても届きにくくなった
  • そんな過酷な環境下でたまたまキャンペーンが話題になっても、一過性かつ瞬間風速的で、あっとういう間に忘れ去られてしまう
  • 人口急減により、顧客自体が物理的に減り続ける(中略)
  • おまけに、超高齢化や少子化、独身増加などで、新規顧客の獲得はどんどん困難になっていく

ファンの支持を強める3つのアプローチ

共感を強くし、愛着を強くし、信頼を強めていくことでファンの支持を高めていく。

共感』を強くする

  • ファンの言葉を傾聴し、フォーカスする
  • ファンであることに自信を持ってもらう
  • ファンを喜ばせる。新規顧客より優先する

愛着』を強くする
・商品にストーリーやドラマを纏わせる

  • ファンとの接点を大切にし、改善する
  • ファンが参加できる場を増やし、活気づける

信頼』を強くする

  • それは誠実なやり方か、自分に問いかける
  • 本業を細部まで見せ、丁寧に紹介する
  • 社員の信頼を大切にし『最強のファン』にする

ファンの支持をより強める3つのアップグレード

ファンの支持をさらに強めていくため、熱狂される存在、無二の存在、応援される存在になっていく。

熱狂』される存在になる

  • 大切にしている価値をより前面に出す
  • 「身内」として扱い、共に価値を上げていく

無二』の存在になる

  • 忘れられない体験や感動を作る
  • コアファンと共創する

応援』される存在になる

  • 人間をもっと見せる。等身大の発信を増やす
  • ソーシャルグッドを追求する。ファンの役に立つ

ファンベースを中心とした「全体構築」の3つのパターン

全体構築の3つのパターン。

  1. 中長期ファンベース施策のみで構築する
  2. 短期・単発施策でファンをゼロから作っていくところから始める
  3. 中長期ファンベース施策を軸に、短期・単発施策を組み合わせていく

書籍内容

人口急減やウルトラ高齢化、超成熟市場、情報過多などで、新規顧客獲得がどんどん困難になっているこの時代。

生活者の消費行動を促すためには「ファンベース」が絶対に必要だ。それは、ファンを大切にし、ファンをベースにして中長期的に売上や価値を上げていく考え方であり、その重要性と効果的な運用の方法を、豊富なデータや事例を挙げて具体的に紹介する。

著者説明

佐藤尚之(さとう・なおゆき)

1961年東京都生まれ。
(株)電通にてマス広告、ネット広告、コミュニケーション・デザインなどに携わった後、2011年に独立。

現在はコミュニケーション・ディレクターとして、(株)ツナグ代表。コミュニティ主宰・運営として(株)4th代表。著書に『明日の広告』、『明日のコミュニケーション』(ともにアスキー新書)、『明日のプランニング』(講談社現代新書)等多数。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告