『革命のファンファーレー現代のお金と広告』書評/まとめ「印象に残った3つのポイント」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

『革命のファンファーレ』

クラウドファンディングで1億円を調達し、『えんとつ街のプペル』を32万部売った西野亮廣の『革命のファンファーレ』を読んでみた。

相当なプロモーションを仕掛けているらしく、「きっとインパクトのある平積みかな……」と思ったのだけど。

丸の内の丸善に入ると、平積みだったけど、想像していたほどのスペースではなかった。きっと、本格的に書店営業をしたりして、スペースは大きくなっていくかもしれないけど。

今日は10月3日

正式には4日が発売日のようだけど、Twitterを見る限り、「ゲットしました」とか「書店で買いました」などと早速、ツイートが上がっている。

これから読む人も多いはずなので、あまりネタバレにならないようにするけど。

ポイントを知りたい人は目次を見ればすぐにわかる。目次がまさにポイントになっている感じなので、ざっと見ただけで内容がわかる。

文字も少ない本なのでわずかな時間で読める内容で僕も少し前に読みはじめて、すぐに読み終わった。

本を読んだ感想

ベストセラーを狙った本だからなのか。そこまで専門的ではない。

マーケティングやビジネスに詳しい人には本の内容の多くは知っているかもしれない。

無料での提供の「フリーミアム戦略(フリーミアムモデル)」や、Amazonなどを例にした「ロングテール」の話、口コミや信用が重要だ、などは知っているよ、と語る人も少なくないだろう。

それでも『えんとつ街のプペル』で実際に取り組んだ具体的な話を、ここまでオープンに語っているのは素晴らしい。

実際に効果があったと語られている内容はきっと参考になるはず。今、効果的な展開は何かを知る意味では非常に有益な本だと思う。

印象に残った3つのポイント

書籍の流れとは違うが、気になった順は次のとおり。

行動するのに勇気は必要ない

行動するのに臆病になってしまう人もいると思う。でも、この本はそれについて、こう述べている。

「行動することに、勇気は必要ない。
子供の頃に一人で乗れなかった電車に、今、あなたが一人で乗れるようになったのは、あなたが勇気を手にいれたからではない。
『電車の乗り方』という『情報』を手にいれたからだ。……(中略)……
一歩踏み出すために必要なのは、ポジティブシンキングではなく、ロジカルシンキングだ」

需要を事前に知れ

顧客の需要を操作することは難しい。心を変える行為でもあるからだ。でも「これはできるだろ」というのが「需要」についての言葉。

「需要を操作するのは難しいけれど、需要を事前に知り、必要な分だけを作ることはできる」

本書ではクラウドファンディングが可能になったのだから、それを絡めればいいだろ、と語られている。クラウドファンディングほど確定的な需要だけでなく、可能性が高い需要を知る方法は他にもいくらでもある。基本的なところでは「キーワードツール」など、需要を事前に知ることはできる。

口コミが最強

口コミが何より最強だという話。自分のビジネス、WEBサイトなどで顧客の声などを使っている人も少なくないと思うけど、吉本興行と友人との比較で説明しているので、わかりやすい。

「現代の宣伝力は、つまり信用力だ。信用が担保されない広告に、広告効果などない。口コミが最強である」

「『オススメ』に利益が絡んでいる吉本興行と、利益が絡んでいない友人とでは、信用度が違う。広告担当者の顔が見えない吉本興行と、個人情報を晒している友人とでは、信用度が違う。現代の宣伝力は、つまり信用力だ。信用が担保されない広告に、広告効果などない。
口コミが最強である」

最も印象に残ったこと

実は、上記3つ以外に最も印象に残ったことがある。それがコレ。

自社の製品やサービスのプロモーションを仕掛け、自社の売上、利益を伸ばすのはほぼ全ての企業がそうだと思うけど、次のことはそう多くはないはず。

ライバルの作家の売上にも貢献

自分の売上を高めることに努力するのはもちろんだけど、ライバルの作品の売上にも貢献する。

「『えんとつ街のプペル』の売り上げのことは無視できない」

「ライバルの作家の作品がヒットすれば、より多くの人に本屋に足を運んでもらえるようになり、自分の本を見つけてもらえる機会も増える。最終的に、自分の作品のスタッフやその家族にもお金が落ちる。なので、戦略を公開し、(ライバルにも)共有する」

書籍内容

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、”現代のお金の作り方と使い方”と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。

<著者について>

西野亮廣

1980年兵庫県生まれ。芸人。

著書に、絵本『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』、小説『グッド・コマーシャル』、ビジネス書『魔法のコンパス』があり、全作ベストセラーとなっている。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告