諸葛孔明 人間力を伸ばす7つの教え 書評/まとめ

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

『諸葛孔明 人間力を伸ばす7つの教え』

三国志』を好きな人は多いと思う。僕も好きで、吉川英治の『三国志』全8巻を学生時代、幾度となく読み返したし、横山光輝のマンガ『三国志』も王欣太のマンガ『蒼天航路』も読んだ。

どれも長編なので読みはじめは億劫なのだけど、読んでしまうと、その面白さに一気に読めてしまう。ちなみにいうと、ドラマ『三国志 threekingdoms』もかなりオススメ。
こうして書くと、様々な形で三国志を読んだり、観たりしてきたのだけど。

その登場人物で好きだったのは諸葛孔明と曹操。今でこそ、曹操が好きなのだけど、最初に読んだ当初は圧倒的に諸葛孔明が好きで。あんな風に軍師のような仕事をしたいと思ったことが今につながっているようにも思う。

その諸葛孔明の知恵について、書いた本で、2005年に発売された後、長期にわたって売れ続けている本がある。それが『諸葛孔明 人間力を伸ばす7つの教え』という作品。


基本的な考え方を確実に押さえたいという本にオススメなので、三国志好きな人はぜひ読んでみてほしい。

印象に残ったポイント

「冷静」さは全ての基本。欲にも淡白であれ

「冷静さは、万事の基本。成功を願うのであれば、まず心を静めて人生の目標を定めよ。人生の目標を深く考えることで周囲の喧騒や自身の動揺に惑わされることなく、冷静な行動が取れる」

「欲に淡白でなければ意思を貫くことはできない。冷静でなくては高い目標は達成できない」

「富や名誉にこだわらなければ、意思はゆるぎなくまっすぐつき通すことができる」

「才能」は学習の結果、得られる。その学習したことを実践で活かすことが重要。

「才能とは生まれつきのものではなく、学習の結果、得られるもの」

「学習とは勤勉に思考し、身につけた知識を実践に生かすことを目標として行うことが重要。しかし根を詰んで学んだ後はしばし立ち止まって、その学んだことがどう役に立っているかを見つめてみること」

「知恵は使うことで、さらに知恵となる」

「一日一章の読書をして読み終わったら要点をまとめる。生活のなかで気づいたことを書き留めていく。こういったことを毎日長く続けていけば、いつしか自分の財産になっていく」

「倹約」が成功をつくる

「倹約が国をつくり、ぜいたくが国を滅ぼす」

「たとえ万貫の金を持っていても成功を手にする保証はない。質朴こそ、成功の心を奪い立たせる良薬となる」

「行動」が重要。時間を管理し、努力し続けること

時間を管理すること。

「一人の人間の時間は有限である」

「時間は管理するものである。決して、時間に管理されてはならない。時間の過ぎるままにその身を任せてはならない」

「若い時分から時の大切さを理解しておかないと、年老いたときに時分に残されたわずかな時間を虚しく数えることになる」

即行動する。

「好成績をあげてる人は、活力と忍耐力があり、どんなことにも興味を示して熱中し、思い立ったが吉日といわんばかりに実行する」

潜在能力を引き出す努力を続けることで夢は実現する。

「潜在能力とは、理想を現実に変える力。潜在能力を引き出す努力さえ怠らなければ、夢を実現できる。なりたい自分になれる」

「人間の潜在能力は無限である。人間の能力の違いとは、潜在能力を掘り出す力の違い」

成功は心の中で生まれる。そこから努力を続ける。
失敗は恐れる必要がない。ただ、失敗し続けることを恐れろ。

「成功とは心の中で生まれる。努力を怠りさえさえしなければいずれ収穫する時期がやってくる。成功の果実の甘い味を想像するだけで何の行動も起こさなければ、いずれ成功の果実の木は枯れてしまう」

「失敗そのものを恐れる必要はない。恐ろしいのは、原因がわからぬまま失敗し続けることである」

大きな問題ほど複雑。
客観的に分析し、単純化することで具体的行動が見えてくる。

「問題課題は大きくなるほど複雑な要因が絡み合ってくる。解決も困難になるのだが、それを客観的に分析し、単純化することで具体的な行動計画が見えてくる」

絶望の前で本来の力が発揮できる。

「人間は絶望を前にして、その本来の力を発揮する。絶体絶命の危機を脱しようともがくことで、人間本来の力に火がつくのだ」

改革は王の主導の下、改革を指示する有能な者と実行しろ。

「臣下というものは保守的です。必ず改革に抵抗してきます。 ですから、王の主導の下、改革を支持する有能な者と実行するのです」

「意志」、志をもつこと

「結果が見えてこなくても、努力し続けることが大事である。なぜなら成功をつかむという決意を放棄しては、そもそも成功など得ることはできないのだから」

「『学ぶことで高い志が芽生える』『高い志がなければ学ぶ意欲はわいてこない』」

「忍耐力のある人はたいてい度量も広い。取るに足らないことにこだわらず、度量を広げる努力を続ければ、いずれは信用に身がつき成功が近づいてくる」

「丞相(じょうしょう)は隆中(りゅうちゅう)の抱膝亭(ほうしつてい)という庵で
『自分とは何か?』『自分の存在は世の中にどんな意義があるのか?』と自問する毎日をおくった」

「計画」すること。成功には才能に加え、好機が必要

「成功には才能の他に好機が必要になる」

困難を前にしても愉快な気持ちで対処すること。

「困難を直視しつつも気楽に愉快な気持ちで対処することが重要となろう」

「何事も笑いを持って対処すれば、大らかで楽しい性格を育むことにもなるし、それが成功を呼びこむことになる」

「人脈」。感謝の心をもち、周囲の人の力を借りる

「感謝の心をもって人に接すれば、他人との間に親しみや調和を生み出せる」

「大事を成すには、周囲の人や組織の力、自然の力などを必要とすることが多い。『力を借りる』こと」

「人間関係を築くのは、成功を手にするための近道である。だが、それ以上に、さまざまな人たちとの交流を大切にすることで、人間として健全な人生を送ることができる」

書籍内容

諸葛孔明は、約1800年前に活躍した偉人です。

政治および軍事の天才として知られていますが、その人間性や仕事の方法、リーダーシップの取り方など、われわれ現代人に啓発を与え続けているのは周知のとおりです。諸葛孔明の知恵は、問題解決や部下の動機づけ、業績評価などに活用されていることがそのことを立証しています。

本書は、成功を目指すビジネスパーソンに必要とされる要件は何か、そしてその要件を身につけるにはどうすればよいかを、諸葛孔明の遺志を受け継いで北伐を続けた忠臣、姜維(きょうい)が孔明から学んだ七つの教え――「冷静」「学習」「倹約」「行動」「意志」「計画「人脈」をもとに説いていきます。

著者説明

姚磊
1971年、中国安徽省安慶生まれ。1993年遼寧大学中国文学部卒業、1997年北京師範大学教育学大学院修了後、同年より中国大手企業のトレーニングコンサルタントをはじめる。とくに、諸葛孔明の知恵を織り込んだ社員研修には定評がある。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告