『モチベーション革命』書評/まとめ「乾けない世代のモチベーション」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

『モチベーション革命』

この本の発売日は2017年9月27日。まだ1ヶ月経っていないけど、書店などでも平積みされていてとても売れている本だと思う。

ただ、表紙の『モチベーション革命』というタイトルだけに惹かれて、本を読んだ人は少し不満を感じるかもしれない。

読み終わると、モチベーションが強固になり、やる気に満ち溢れるという類の本ではない(個人的には、その内容の方が読んでみたかった)。

そうではなく、サブタイトルの「稼ぐために働きたくない世代の解体書」という点がポイント。

稼ぐために働く。そんなことはしたくない、という若者世代のモチベーションについて語るものだ。

そのため、30代後半より上の人たちが「モチベーションを高める」目的には使えない。

自分たちのモチベーションを高める意味よりは、ビジネスで「顧客」として、もしくは「マネジメント」の視点で、彼ら世代を理解する意味で読んだ方がいいだろう。

もちろん、その世代に合致する人たちはそのまま読めばいい。

お金はあまりいらないんですよね

様々な企業の経営者や人事の方などと話していても「若い連中の価値感が以前とは異なる」という話はよく聞く。僕自身もそれは感じる。

これは様々なところで話すのだけど、30代以下の世代は、これまでの世代とは違って満たされた状況にある。色々なものがどこか足りなくて、それを欲していた世代とは明らかに違う。

「お金とか、あまりいらないんですよね」と本気で語る人もいる。強がっているのではなく、彼らは真剣にそう思っているのだ。

もちろん、起業などをしている人の中には、20代などでも今の20代とは違い、お金を欲し、強烈な欲をもつ人もいる。全てではない。でも多くはないのだと思う。そんな一部の例外を除いた、一般的な若者世代のモチベーションについて、書いた本だ。

『モチベーション革命』の3つのポイント

乾けない世代

時代は代わり、今の30代以下は団塊世代とは全く違う価値感を持っている。乾けないのだ。生まれた時にはすでに何もかもが揃ってる。なので、物や地位を欲して頑張れない。

「実は、『なんのために頑張るか』という働くための価値感、つまりモチベーションが、ある世代を境に大きく変わってきています」

「団塊世代より10年以上も上の彼らは、戦後の何もなかったころに、欲望と共に成功に向かって駆け抜けました。
お金を稼ぎたい、広い家を建てたい、いいクルマを買いたい、きれいな女性を抱きたい。欲望への飢餓感と上昇志向と共に成り上がっていきました。
ないものを、いかに埋めるか。それが最大のモチベーションだったのです」

乾けない世代のモチベーションは何か

この本では人間の欲望が次の5つだと述べている。

  • 達成
  • 快楽
  • 意味合い
  • 良好な人間関係
  • 没頭

「人間の欲望というのは、『達成・快楽・意味合い・良好な人間関係・没頭』の5つからなります」

<団塊世代>

団塊世代は前の2つ。達成、快楽を強く欲していた。
努力し、頑張り、高い目標を「達成」する。そして、美味しい料理を食べ、ワインを飲み、異性を求め、身体的、心理的、社会的な「快楽」を味わう。

<乾けない世代>

ところが、乾けない世代は違う。うしろの3つの意味合い、良好な人間関係、没頭を重視する。何か大きな目標を「達成」するため、「(身体的、心理的、社会的な)快楽」を求めるため、頑張れない。

自分が頑張る意味を持てるもの(意味合い)に自分が好きな人たち(良好な人間関係)ととことんハマること(没頭)を重視する。

未来に近いのは乾けない世代

若い世代を「やる気がない」などと、言葉はわるいけど、価値がないと考える人もいると思う。でも、実際には彼らが時代の中心になっていく。

この本が何もかもが正しいわけではないけど。
努力して、達成する。頑張る、などの時代ではなくなっているのは確かだ。そもそも「頑張る」という言葉時代も以前とは違い、嫌がられている。

そのことについて、こう述べられている。

「若い方を『ゆとり世代』『さとり世代』といって自分の中で理解せずに勝手に価値ゼロと思っていたが、どれだけ可能性に溢れて、未来により近い方々かっていうことに見えてきた」

書籍内容

2作連続Kindle総合一位の著者が贈る。ヒカキン氏、落合陽一氏、石川善樹氏絶賛!
テクノロジーの進化がもたらす未来の形と、それに伴う人間の生き方―。

『ザ・プラットフォーム』『ITビジネスの原理』
Amazon Kindle総合ランキング2作連続 第1位
著者 尾原和啓の最新作!

マッキンゼー、リクルート、Google、TEDxからドコモ、楽天まで13職あらゆるチームで学んだ。輝く若者のモチベーションマネージメント。

なぜ、あなたは稼ぐために頑張れないのか?

あなたは「上の世代」と違い、生まれたころから何もかもが揃っていたので、金や物や地位などのために頑張ることができません。

埋めるべき空白が、そもそもない「乾けない世代」なのです。

しかし、仕事がなくなっていく時代には、この「乾けない世代」こそが希望になります。
(本書「はじめに」より)

好きなことだけで生きていく人生って、考えたことありますか?
遊びを仕事にしたい、そんなあなたにオススメの一冊!
―HIKAKIN

尾原和啓は稀代のサーファーである。
時代の波を使って技を魅せる。
この人、俺より17歳も年上なのに、なんでこんなこと書けるんだろう。
―落合陽一

<著者情報>

IT批評家・藤原投資顧問シニアアドバイザー
1970年生まれ。京都大学大学院工学研究科応用人工知能論講座修了。阪神・淡路大震災時の避難所ボランティアの経験から、仕組みやプラットフォームに強い興味を抱く。マッキンゼー・アンド・カンパニー、リクルート、Google、楽天などを経て現職。インドネシア・バリ島在住。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告