『1分間顧客サービス―熱狂的ファンをつくる3つの秘訣』書評/まとめ「熱狂的ファンをつくれ」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

『1分間顧客サービス―熱狂的ファンをつくる3つの秘訣』

星野リゾートの星野佳路社長がネタ本として勧めていた本で有名にもなった1冊。

星野社長は本に対して、こう語っている。

「課題に直面するたびに、私は教科書を探し、読み、解決する方法を考えてきた。それは今も変わらない」

この本は、まさに顧客サービスについての課題を解決する方法が述べられた1冊。

顧客サービスで、熱狂的なファンを創る秘訣をストーリー仕立てで解説していく本。

この本の内容を参考にし、星野リゾートではスタッフが施設のコンセプトを決めているとも言われている。

「全ての顧客を満足させようとしない」

この言葉は熱狂的ファンを作る秘訣の1つ。実際に星野リゾートでも採用している。

成長を遂げている企業は…

マーケティングのコンサルティングを提供させていただいている様々な企業の中には、急激な成長を遂げている企業もある。

……なぜ、そうなのか。

それを探るべく、顧客調査を実施すると、明らかに顧客が違う。10段階の評価でいうと、顧客の多くが10をつけてくるし、紹介が紹介を呼び、売上、利益が急速に高まっていく。

「これはうまくいかないわけがないよな……」

様々な企業の調査結果を見ているからこそ、違いを感じるのだけど。「熱狂的ファン」が作れているビジネスは明らかに違う。彼らは熱狂的ファンに守られ、育てられているのだ。

そのような経緯もあったことから、僕はこの本がとても気になった。

サブタイトルは「熱狂的ファンをつくる3つの秘訣」。とても気になるタイトルだ。

物語は「顧客サービス」について、主人公がメンターと出会い、成長していく物語。そして、ポイントは3つ。

  • 自分のビジョンを明確にする
  • 顧客の要望を見つける
  • 少し余計に実行する

顧客サービスの目標は、顧客に満足してもらうことではない。それではひどくないだけ。まあまあという感じ。そうではなく、熱狂的ファンになってもらうことだ。

物語のあらすじ

小売企業に勤務する主人公。

彼は新たな役職「エリアマネジャー」に昇格した。だが、社長との面談で「顧客サービスがうまくいかなかったら降格だ」と宣告される。

そして「顧客サービス」のことで思い悩んでいた時に、チャーリーという男に出会う。

チャーリーは顧客サービスの伝説的人物で「熱狂的なファンをつくる三つの秘訣、(言い換えると)究極の顧客サービスを教えよう」と語り始める。

『1分間顧客サービス』の3つのポイント

1.自分のビジョンを明確にする

まず、取り組むべきは、自分自身のビジョンをもつこと。具体的にいうと、自分が望む(顧客)サービスのビジョンを創ることだ。

もちろん、自分が望むといっても(顧客)サービスなので、顧客を中心としたもので、その中で、自分が望むものを創る。それは完全である必要はないし、時代と共に変化させるもの。

これがないと、顧客の言うことに翻弄されてしまう。ごく一部の顧客の意見に翻弄され、大多数の意見を言わない顧客を無視することになる。

2.顧客の要望を見つける

顧客の要望といっても。たとえば、顧客からのクレームを容易に耳にするけど、意見を言わない顧客に耳を傾けるのは難しい。

そうしたことに注意し、顧客が言ったこと、言わないことを知り、本当の意味での顧客ニーズを探っていく。

3.少し余計に実行する

多くのことに着手していくと、顧客にとって、一貫性がとれない中途半端なサービスになり、顧客の信頼を失ってしまう。

そのため、とても重要なのは、自分自身のビジョンと顧客ニーズとを結びつけ、一貫性をもたせて、1パーセント「余分」にビジョンを実行すること。

「できない理由」や「続けられない理由」を言いたくなる時もあるとは思うが、そうした理由を打ち消し、他社にはない顧客が求めるサービスを「余分」に継続して実行していく。

この「一貫性」と、常に改善する「融通性」が、熱狂的ファンをつくるカギとなる。

書籍内容

顧客満足で満足している会社に未来はない。

ファンをつくれない会社に未来はない。

熱狂的ファンをつくる3つの秘訣とは-自分が何を望むのか決定せよ、顧客の望むことを発見せよ、ひとつ余分に実行せよ。

著者情報

K.ブランチャード

ケン・ブランチャード社の共同創業者にしてCSO(最高理念責任者)。国際的な大ベストセラーとなった『1分間マネジャー』、ビジネス書として大成功を収めた『1分間リーダーシップ』『1分間顧客サービス』『1分間モチベーション』(ともにダイヤモンド社)をはじめとする、数多くの本の著者、共著者である。

著書すべてを合せた売上げは25ヵ国以上で1500万部を記録している。人々に職場でサーバント(奉仕者)・リーダーになることを説くNPO、リード・ライク・ジーザス・ミニストリーズの共同創設者でもある。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告