『起業の科学 スタートアップサイエンス』書評/まとめ

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

『起業の科学 スタートアップサイエンス』

最近、東京駅近くの丸善で平積みされていた本。Amazonなどでもランキングに入っているのがこの『起業の科学 スタートアップサイエンス』。

帯には「アマゾン、フェイスブック級の成功は奇跡かもしれない。が、あなたの失敗の99%は潰せる」とある。

まさに一言でいうと、起業の失敗を避けられるという一冊。

ただ、問題点から先にいうと、横書きなので、「縦書きじゃないと、読まなくなってしまう」という人には難点(こういう人は結構いる。縦書きじゃないと、何だか読む気がなくなってしまうらしい。僕はそこまでではないけど、やはり縦書きの方が読みやすい)。

あとはKindle。この本はKindleでも読めるようになっているのだけど、とにかくKindle版の構成が読みづらい。

読みたい人はKindleは避け、紙の本を購入した方がいいだろう。

本のポイント

失敗しないスタートアップは高い確率で実現できる

基本的な型を身につければ「失敗しないスタートアップ」は高い確率で実現できる。

「私はアマゾンやフェイスブックのような『大成功するスタートアップ』を作ることはアートだと思っている。ただし、この本で示した基本的な型を身につければ、『失敗しないスタートアップ』は高い確率で実現できる」

起業から成功までのステージを解説

起業から成功までの20ステージを5章立てで解説。

次の5つの流れ。

  1. アイデアの検証
  2. 課題の質を上げる
  3. ソリューションの検証
  4. 人が欲しがるものを作る
  5. スケールするための変革
第1章:アイデアの検証

スタートアップの準備段階での必須事項。ここでどんな課題解決をするのか、それをどう磨き上げるのかを説明していく。

第2章:課題の質を上げる

第1章での課題を顧客が本当に抱えているのかを検証

第3章:ソリューションの検証

第2章で検証した課題を実際に解決するにはどんな方法が最適かを検討する。ここでは試作(プロトタイプ)を用いたユーザーインタビューを実施する。

第4章:人が欲しがるものを作る

人が欲しがるものを作る、つまり、PRODUCT MARKET FIT。

顧客(市場)から熱狂的に愛されるプロダクトの実現が最も重要な目標。

市場の反応を検証するため、実用上最小限のプロダクト「MVP」を構築し、顧客の声を集め、改善を続ける方法を説明。

第5章:スケールするための変革

PVF(人が欲しがるものを作ること)を達成したプロダクトを顧客1人あたりの採算性(ユニットエコノミクス)という観点から改善し、利益が出る状態を実現する方法を解説。

PMFを達成し、採算性がプラスになったら、いよいよスケール(事業拡大)する段階に進む。

……というわけで、まずは第1章のアイデアの検証。そもそも、どういう課題を解決するのか、明確することからスタートする。

無駄なことをしないようにする。

時期尚早な拡大など、無駄なことをしないようにする。

「スタートアップの多くは、アイデアや課題設定、プロダクトの検証が不十分なまま時期尚早な拡大に走ってしまう傾向がある」

これによって、多くのスタートアップが時期尚早の拡大が理由で死んでしまう。時期尚早な無駄なことをしないことだ。

書籍内容

スタートアップが必ず直面する課題とその解決策を、時系列に整理。
失敗を潰せる「科学的な起業」の教科書。
あなたの失敗は99%潰せる!

日米で複数の起業経験を持つアントレプレナーにしてベンチャー投資家である著者が、自分自身の起業経験、投資経験を踏まえて「科学的な起業」の考え方を時系列でまとめました。

従来は、スタートアップが成長する過程で、いつ、何を達成すれば目標に向かって前進できているのかを確認できるものさしとなる情報がほとんどありませんでした。

もし、スタートアップの成功に有用な情報があったとしても、様々な書籍やブログ、動画などそれぞれのパッケージの中に散らばっていました。情報を探すにも、読み込むにも膨大な時間が掛かり、忙しい起業家にはなかなか活用しにくいものでした。

そこで、本書では、起業家がカスタマーから熱烈に愛されるプロダクトを生み出し、スケール(事業拡大)できるようになるまでの考え方を20ステップで整理しました。

アマゾンやフェイスブックのような『大成功するスタートアップ』を作ることはアート(芸術)かもしれません。でも、この本で示した基本的な型を身につければ『失敗しないスタートアップ』は高い確率で実現できるのです。

著者情報

田所 雅之

1978年生まれ。大学を卒業後、外資系のコンサルティングファームに入社し、経営戦略コンサルティングなどに従事。独立後は、日本で企業向け研修会社と経営コンサルティング会社、エドテック(教育技術)のスタートアップの3社、米国シリコンバレーでECプラットフォームのスタートアップを起業した。 日本に帰国後、米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルFenox Venture Capitalのベンチャーパートナーを務め、国内外のスタートアップに対する投資を担当している。また欧州最大級のスタートアップイベントのアジア版、Pioneers Asiaのスタートアップ担当責任者を務める。これまで世界中のスタートアップ1500社以上の評価を行ってきた。 日本とシリコンバレーのスタートアップ数社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務めながら、事業創造会社ブルー・マーリン・パートナーズ(東京・港)のCSO(最高戦略責任者)、ウェブマーケティング会社ベーシック(東京・千代田)の新規事業担当CSOも務める。2017年、新たにスタートアップの支援会社も設立した。 その経験を生かして作成したスライド集『スタートアップサイエンス2017』は全世界で5万回シェアされた。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告