一流大卒を採用する時に失敗しないための3つの条件

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

学歴は重要なのか

あるベンチャー企業が東大卒の学生が何人か採用できたことを喜んでいた。これは確かに喜ぶべき面はある。どんな企業でも有利に就職できてしまう東大生に選ばれたのだから。しかも、一人ではなく、数人に、だ。

創業してしばらくの間、一流大卒の学生から見向きもされなかった経験などがあれば、余計にそう思ってしまうかもしれない。

「学歴は重要ですよね」

このように採用する上で学歴が重要だと考える企業は少なくない。

一方で「学歴は意味がない」という人もいる。

たとえば、東大だけでないが、一流大卒の学生を採用したのに「全然、使えなかった」などと語る経営者や企業の方もいる。

一体、何が問題だったのか。これまでベンチャー企業を多数見てきた中で強く感じることを話していこうと思う。今回は「一流大卒を採用する時に失敗しないための3つの条件」、これについて説明していく。

僕自身は柱となる仕事は17年以上経験のあるマーケティング。ただ、顧問先企業からはかなり頻繁に人事、採用面の相談も受けるので、それも含めて話していきたい。

顧問先企業の社員研修で

最近は顧問先企業からの依頼で、社員の方に対する研修を実施することがある。

マーケティング面だけでなく、営業やロジカル・シンキングなど多岐にわたる。その際に出身大学を聞くことなどはないけど、「アイツは◯◯大卒(一流大)なんですよ」とふと耳に入ることはある。

正直にいえば、そういう時に「やはり、優等生っぽい」と感じることはある。

たとえば、何かを考えさせるような作業をさせた時や何か文章を書かせたりする時に、そうした面が見られる。一流大卒の学生全てにいえることではないけど、そういう面は確かに強く感じる。

ただ、仕事全てでそれが活かせるかというと違う。

それでは一流大卒を採用する時に失敗しないための条件を説明していく。

一流大卒を採用する時に失敗しないための3つの条件

1.求める優秀さは何か

「学校の成績が良いヤツは優秀だ」とか、その逆で「学校の成績が悪くても優秀な人間はたくさんいる」などとも言われている。

ただ、問題は「学校の成績が良い、悪い」ではなく、この「優秀」という言葉の曖昧さにある。一体、何をもって優秀なのか、だ。

高学歴というのは乱暴な言い方をいえば、学校の成績がいいというわけ。受験をしてきた人であれば、受験勉強が得意だということだ。そうした人たちに、営業などをやらせた場合、営業に必要な要素をもっていない可能性がある。

人前で平常心ではいられない。知らない人に接することができない、など致命的な問題を抱えている人もいる。こうしたことはどれも学校で教わることではないので、やむをえない。

実際、そうした問題を抱えた人たちが運良く、企画部門に配属になったら、目立つ活躍をしたということもある。

一体、どんな優秀さを求めるのか、が極めて重要になってくる。

2.学校で教わるものと、現場で必要とされるものは異なる

学校で必要とされるものと、ビジネスの現場で必要とされるものは違う。

学校というのは学問的に正しいものが優遇される世界。さらに言えば、学者の世界で役に立つものが重要になってくる。

文章ひとつとっても、学者の世界は話し言葉ではいけないし、フォーマルな言葉が重要。難解な言葉や形式も価値がある。

ところが、ビジネスの現場は違う。営業では難解な言葉やフォーマルな言葉はブレーキにさえなってしまう。学校とビジネスの現場では必要とされているものが大きく異なるのだ。

3.一流大卒の見えづらい能力にも注目する

ただ、一流大卒の見えづらい能力(学校の成績が良いなど以外のこと)にも注目することだ。

僕は以前、就職活動の支援を手伝ったことがある。その時に強く感じたのはこのことで。一流大学の連中は、就職活動の準備に取り掛かる期間が通常の大学生と比べ、明らかに早い。

全く同じスタートラインではなく、より早くから進め始める。それは学生個々がそうだということではない。大学内の雰囲気など、外からの影響が強く、大学全体が物事に早くから取り掛かるようなところがある。

だからこそ、一流大卒に入るのだけど。そうした点は考慮して、考えていくべきだろう。

上記3つの中では、特に求める優秀さは何か、ということ。この点は非常に重要になってくる。そこが食い違うと採用に失敗する状況に陥ってしまう可能性がある。

まとめ

  • 求める優秀さは何か
  • 学校で教わるものと、現場で必要とされるものは異なる
  • 一流大卒の見えづらい能力にも注目する

あなたへの質問

一流大卒を採用する時に失敗しないため、次の質問に答えてほしい。

  • あなたが仕事で求める優秀さは何か。それは学生はもっているものだろうか。
  • あなたは学校で教わるものと、現場で必要とされるものが異なることは理解しているだろうか
。
  • 一流大卒のもつ見えづらい能力にも注目しているだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告