優れた人材を手に入れる3つの方法。コレを意識しないと失敗する

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

優れた人材はいないのか

「優れた人材がいないんですよ……」

そう話す経営者にお会いする時がある。ただ、そんな言葉を聞く度、頭の中にふと疑問がわく。
本当に優れた人材がいないのか。それとも、優れた人材が入ってきても、その企業の環境が能力を発揮できないようにしていないのか、と。

僕は随分と前、会社員だった。比較的、異動は少ない社員だったのだけど(会社としては異動は多いのだけど)、環境が変わると大きく変化したのを覚えている。

部署が変われば、自分の仕事ぶりは変わったし、部署が同じでも、上司や同僚が変わると、自分の仕事ぶりが変わる。自分一人で仕事をしているような気持ちになっていても、実際には他人の影響を受ける。常に同じパフォーマンスを発揮しようとしてもそんなことはなかった。

そして独立してから、仕事をする「環境」の重要性を強く感じるようになった。

かつてデール・カーネギーが

「環境だけで人間の幸不幸が決まるのではないことは、明らかだ。幸福だとか不幸だとかいう気持ちのあり方は、こうした環境をどのように受け止めるかによって決定される」

と言っていたように、環境だけで全ては決まるわけではない。
でも、環境が全く影響を与えないといえるほど、人間は強くはない。W・クレメント・ストーンが語っていたように、

「環境選びは慎重にしましょう。なぜなら、環境はあなたを形づくるものだからです。友達選びも慎重にしましょう。なぜなら、あなたはその人たちのようになるからです」

と、環境が大きな影響を与えるという方が僕は正しいと思っているし、多かれ少なかれ、影響があるのは間違いない。
つまり、優れた人材を求め、仮に優れた人材を手に入れたとしても、環境がダメであれば、ダメにしてしまうし、そもそも、今働いている社員らも、環境がダメであれば、才能が発揮できない状況かもしれない。

あなたが起業したばかりで数人で働いていたとしても、そこは重要になってくる。なので、今回は「優れた人材を手に入れる3つの方法」について、話していきたい。

優れた人材を手に入れる3つの方法。コレを意識しないと失敗する

優れた人材を生み出す優れた環境にする

冒頭で少しお話したけど、優れた人材を採用するのだけど、すぐにその能力を発揮できないようにしてしまう環境というのは、実際にはかなりある。
たとえば、中途採用で優秀な人材を採用するのだけど、すぐにダメな人材になってしまうなど、環境が優れた人材にする環境ではないことは少なくない。

本当は環境に問題があるのに、「彼(中途採用の人)は前の会社では活躍していたけど、実際には今ひとつだったね」などと社内で言うようになってしまうなど。本当は人をダメにしてしまう環境なのにそれに気がつかなければ、その環境は優れた人材を次々とダメにしてしまう。

もちろん、人間だから優れた人もいるし、そうでない人もいるけど、できるかぎり、彼ら彼女らの能力が発揮できる環境にしていくことだ。

優れた企業、上司は魅力的な環境を創る

本当の意味で優れた企業、優れた上司の仕事は社員を管理することではない。社員が働きやすい環境を創ることだ。
少し言い方を変えれば、能力を発揮しやすい環境を創ること。
それが優れた企業、優れた上司がしなければならないことだ。

魅力的な環境というのは、仕事によっても違ってくるだろうけど、まずは自分たちにとっての「魅力的な環境」を考え、それを創り上げるよう、意識していくことだ。

社員の方向性を明確にする

社員らの能力を発揮させるには、明確な方向性を示すことが重要になってくる。
逆にいえば、曖昧な目的、曖昧な指示、曖昧な体制など、そんな複雑な状況では社員らは能力を発揮できなくなってしまう。そんな環境のために、発揮できない才能はいくらでもある。

だから働きやすい環境を創ることだ。
部下を信頼し、責任をもたせ、自律的に働かせる。彼ら彼女らの活躍に必要なものを提供していく。そうして魅力的な環境を創り上げることだ。

人が仕事を創り出すし、仕事を素晴らしいものにしていく。
その人を優れたものにできれば、当然、仕事も優れたものになっていく。

まとめ

  • 優れた人材を生み出す優れた環境にする
  • 優れた企業、優れた上司は魅力的な環境を創る
  • 社員の仕事の方向性を明確にする

あなたへの質問

  • あなたの企業の環境は優れた人材を生み出す環境だろうか。
  • 企業、上司は魅力的な環境を創るようにしているだろうか。
  • 全ての社員が能力を発揮できるように、明確に方向性を示しているだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告