成長企業と成長しない企業の知られざる違い「すぐ意識した方がいい…」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

成長企業も成長しない企業も表面的には同じ

最近は飛躍的に成長を遂げている企業のマーケティングの支援をさせていただく機会が増えています。

誰でもが考えているように、困っている企業が「うまくいかないんです……」と言ってご相談に来るケースの方が多そうなのだけど(多くの人に言われる)、実際には困っている企業よりもうまくいっている企業の方がご相談はご依頼ははるかに多い

そんな時に強く感じることがあります。

成長されている企業もうまくいかない企業も表面的には同じだということ。

見かけは変わらない。

オフィスで朝から晩まで仕事をし、時間を費やしているし。ベンチャーの場合はTシャツ姿の場合もあるけど、スーツやジャケットを着ている。ミーティングなどもある。

みんな毎日働いている。

「今日は仕事です」などと、「仕事」という言葉さえも同じなので、余計に同じことをしているように思う。

一見、どの企業も同じように見える

では、ほぼ似たようなことをしているのに、成長している企業と成長しない(うまくいかない)企業があるのだろうか。今回はそれについて、お話していきたい。

escalator-769790_640

成長している企業と成長していない企業は全く違う…

でも、実際にはまったく違います。

僕はこれまで様々な企業を支援させていただいてきたし、社内や社員の方と接するので、余計に感じるのだけど、漂っている「空気感」さえも違う。

そんな中、とても大きな「違い」がいくつかあるのだけど、今回はそのうちの重要な1つをお話したい。

成長している企業とうまくいかない企業との違いの1つはコレです。

インパクト

1つひとつの仕事のインパクトが全く違う。

同じようなことをしていても、その1つひとつが大きなインパクトを生む企業があれば、まったくといっていいほどインパクトを生まない企業がある(インパクトを生まない企業がやる気があったりすると、悲惨だ。方向性が間違っているので、大きな損失を生むことにもなる)。

時間でいってもそうです。

同じ1時間を費やしても何のインパクトを生まない企業もあれば、巨大なインパクトを生み出す企業もある。

これは企業だけでなく、そもそも個人もそうです。ただ漠然と仕事をしていたら、時間などいくらあっても、何一つ生まない可能性だってあります。

インパクトを生む仕事

インパクトを与えるには、まず空想の世界ではなく、現実を見ることだ。

目の前の仕事がどの程度のインパクトを与えるのか、それを考えることです。既に実施していて成果が上がるモノが何であるのかを具体的に測定可能であれば、それを見ていけばいいし。

そうでない場合は、

  • 本当に顧客が望んでいることか。
  • 本当に顧客が満足することか。
  • 本当に顧客が困っていることか。
  • 本当に顧客がそのインパクトに喜んでいるのか。

……などを絶えず見ながら仕事をすることが重要になってきます。

これらを意識しないと、仕事は作業に化します。作業になってしまった仕事は成果がでないだけではない。ほとんど何もインパクトを与えない作業なので、やる気は失われ、気力も失われ、より一層インパクトを生まなくなり、ダラダラと仕事をするようになっていく。

ダラダラと仕事をする人が多くなれば、それは相互に影響しあい、そこにいる人々全てが沈んでいく。悲惨な状況です。

なので、作業を「仕事」にし、インパクトを与えるには、常にインパクトを与えることを意識することだ。そのインパクトが少しでも上がったら、そのことに喜ぶことだ。
インパクトから自分たちが感動と興奮を感じられるようにしていく。

成長している企業はどこか自分たちのインパクトに感動や興奮を感じているところが見られる。だからかもしれない。

彼ら成長企業とやりとりをしていると、「やりましょう!」という情熱を強く感じる言葉をよく聞く。その情熱がよりインパクトを生んでいく。

そうして、ますます成長を遂げていくわけです。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告