売上や成果を上げるために100%押さえるべきことがわかる3つの手順

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

正しいことをしても成果が上がらないことがある

目の前の仕事をただ漠然と進めていても成果は上がらない。

(成果を生む上で)間違っているのであれば、どれほどの行動をしても意味がないし。間違っているのであれば、仕事をすればするほど、その間違った行動の量を増やすだけで成果も上がらないまま、疲弊していく。

では、正しいことをすればいいのか、というと。

実は正しいことをしているのに成果が上がらないケースもある。正しいことをしているのだから、売上や利益など成果が上がってもいいはずなのに、それがなかなか上がらない。

今回はまさにそのような状況のための話。「売上や成果を上げるために100%押さえるべきことがわかる3つの手順」という話をしていきたい。

売上や成果を上げるために100%押さえるべきことがわかる3つの手順

重要なことを押さえる。

まず確実に押さえるべきなのは……。

「重要なことを押さえる」

ということ。

重要なことを押さえる」という言葉自体は「そんなの当然だろう」と思われるかもしれないけど、実際に重要なことをきちんと押さえていない人は少なくない。

イーロン・マスクがかつてこう語っていたことがある。

「何かを成し遂げようとする過程では、必ず様々なノイズが聞こえてきます。でも、それは本当に重要なことなのか。多くの人がここを見誤ります

多くの人が本当に重要なことを見誤ると。

あなたが起業していて、売上を上げるためにプロモーションを展開するとしよう。ここでWEBでの展開に絞ったとしても膨大な要素(モノ)が必要になる。

コピー(売れる文章)、広告クリエティブ、広告、ブログ、SNSでの展開、ランディングページ、メールマガジンなど。

さらにその一つひとつにも膨大な要素が絡む。

ランディングページ(販売ページ)であれば、トップのコピーはどうするのか、そのコピーのフォントはどうするか。サイズはいくつか。構成はどうするか。文章はどうするのか……など(まだまだ続く)。

一つひとつを詳細に説明してしまうと、(この『起業マーケティング』を読んでいる人には初心者の方もいるので)混乱してしまうはずなので、この辺で終わりにするけど。ランディングページ一つとっても、本当に様々なものがある。

ここで確実に押さえてほしいことは……

全てを完璧にすることはできないということ

僕は17年間マーケティングに携わってきたけど、ある商品には10年ほど関わっていた。

売上も上がり、他社よりも費用対効果も高く、業界の中では非常にうまくいった。それでも本音をいえば、いつまでも「完璧」な状態にはなく、「どこかに改善するところはないか」と常に考えていた。

マーケティングはまさにこういうもので。一つ対応して終わりというものではなく、改善し続けるものなのだ。

終わりがなく、延々と続く範囲が相手。そのため、最も重要なことから手をつける必要がある。重要なことでないと、たとえ成果が上がる正しいことをしても、微々たる成果しか上がらないことだってある。

具体的にいえば、ランディングページなら最も重要なのはトップコピー、最初のコピーになる。

このトップコピーの完成度が低いのであれば、それ以降はほぼ見られない。その他の要素が素晴らしい出来でも、トップコピーが悪ければ、うまくいかない。
このように最も重要なところを押さえ、対応していく。

成果を上げたこと(成果が上がること)を押さえる

常に事実を使うことだ。

予測値だったり、希望的観測だったり、そうしたものではなく、自分たちのビジネスで「成果を上げたこと(成果が上がること)」を押さえることだ。

予測や希望、やりやすいことではなく、実際に成果を上げられることを押さえる。

あなたのビジネスで成果が上がっていることは何だろうか。なかなか、思いつかない時は「成果が上がらないこと」を考えてみるのも一つだ。

重要なことで成果を上げたこと(成果が上がること)の割合を増やす

「重要なこと」「成果を上げたこと(成果が上がること)」の2つの軸で考えると、次の4つの組み合わせとなる。

  • 重要なこと × 成果を上げたこと(成果が上がること)
  • 重要なこと × 成果を上げたことがないこと
  • 重要ではないこと × 成果を上げたこと
  • 重要ではないこと × 成果を上げたことがないこと。

では、ここで優先すべきはどこか。

まず優先すべきは

「重要なこと × 成果を上げたこと(成果が上がること)」

これは最優先。この割合が高まれば高まるほど、重要だといえるインパクトが大きいところで成果が生まれ、売上、利益が上がるようになっていく。

次の「重要なこと × 成果を上げたことがないこと」は本当に重要なことであれば、優先度は高いのだけど、これが難易度が高いことであれば、まずは成果が上がるように「重要ではないこと × 成果を上げたこと」をやり遂げてしまうのも一つだ。

ここは状況を見つつ、臨機応変に対応してほしい。

まとめ

  • 重要なことを押さえる
  • 成果を上げたこと(成果が上がること)を押さえる。
  • 重要なことで成果を上げられること。この割合を高めていくことで、売上、利益が上がるようになっていく。

あなたへの質問

  • あなたのビジネスでは重要なことを押さえているだろうか。
  • 成果を上げたこと(成果が上がること)を押さえているだろうか。
  • 重要なことで成果を上げられること。この割合は現在どの程度だろうか、高めているだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告