あなたのビジネスで「優秀な人」に働いてもらう3つの方法

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

自分たちだけでやろうとする

ビジネス全てを自分たちでやろうとする必要はない。

特に、売上や利益が上がらない、成果が得られない、そんな状況なのに自分たちだけでやろうとするのは間違いで。その状況から脱する必要がある。

原因と結果ではないけど。今、結果として「うまくいっていない」のであれば、その原因はうまくいっていない「自分たち」にある。

もしあなたが起業していて、人の力を借りず、自分たちだけでビジネスを頑張っているのにうまくいっていないなら、そんなマジメな頑張りは捨てた方がいい。

今回はまさにそんな人たちのための話。「あなたのビジネスで『優秀な人』に働いてもらう3つの方法」について話していきたい。

あなたのビジネスで「優秀な人」に働いてもらう3つの方法

ビジネスは人が創る。創れないなら創れる人に。

まず大前提で知るべきことがある。これは当然のことで、次のことだ。

「ビジネスは人が創る」

ビジネスで高い成果をあげるような企業は偶然成果をあげたわけではない。やはり、そこには優秀な人材がいる。逆にいえば、成果があがらない企業には、成果をあげられない人がいる。

成果を上げる企業には成果を上げる人が。成果をあげられない企業には成果をあげられない人がいるわけだ。

この話をする時によく思い出す起業家の方がいる。
その方は最初は自分たちで必死にビジネスに取り組んでいた。特にその起業家の方自身が、だ。でもなかなかうまくいかない。そうして、気がついたのだ。自分には成果を上げられる力がない、と。

この起業家の方が素晴らしかったのはそこで「もう、自分でやるのはやめよう」と考えたこと。そうして、他の人に任せることを考えた。社内の人はもちろん、社外の人にも、だ。そうして、自分は経営に回ることにした。そこから、高い成長を遂げていった。

実はこういう人は意外に多い。某上場企業の経営者の方も、これに似たことをメディアで語っていた。

ビジネスはスポーツなどとは違う。フェアである必要はない。自分(たち)で創れないのであれば、創れる人に任せてもいい。過程はどうでもいいので、実現することが重要なのだ。

同じ会社の人でなくてもいい。違う会社でも違う国でも。

今、僕は様々な企業の対応をしているけど、その何もかもを自分一人で対応できるわけではない。知らない業界だってあるし。知らないことももちろんある。なので、そうした時にそれをカバーできる人たちに手伝ってもらっている。

これは同じ会社でなくてもいいし。別の会社でもいいし。海外でもいい。
僕の場合はまさにこれで。一緒に仕事をしていた人の中には、別の会社で働いていた人もいたし、欧州に留学をしていた人もいた。

今やネットでつながっているので、場所なんてあまり関係ない。何かあれば、Facebookのメッセンジャーなどでやりとりをすればいいだけ。海外の場合は時差の関係はあるけど、それでも都合の良い時間を調整すれば、やりとりはできる。あとは定期的に直接会う機会を設ければいいだけだ。

優れた人に協力してもらう。

これは非常に重要なことだけど、優れた人に協力してもらうのに躊躇しないことだ。

以前、ある起業家の方が、某大手企業の社員を「うちの会社に来ませんか」といとも簡単に誘っていた。その社員はとても安定していた企業にいたし、高い報酬も得ていた。会社の規模も大きく、普通だったら、誘うのに躊躇してしまう人もいるはず。
でも、いとも簡単に誘った。

その起業家の方にとって、断られることなんて何とも思っていないようだった。
誘ってその人が手に入るのであれば、素晴らしいし。断られても、もともとその人はいないのだ。何一つ失うものはない。まぁ、せいぜい失うのは小さなプライドくらいだろう。実際、その方は後にとんでもない成長を遂げていく。

優れた人だから、誘っても無理などと思わず、まずは誘ってみることだ。先ほどの話ではないけど、会社に入ってもらわなくても、違う会社にいたままでも、違う国でもいいのだ。条件を緩くすれば、いくらでも方法はあるだろう。

まとめ

  • ビジネスは人が創る。創れないなら創れる人に任せる。
  • 同じ会社の人でなくてもいい。違う会社でも違う国でも。
  • 優れた人に協力してもらうことに躊躇しない。

あなたへの質問

あなたのビジネスで「優秀な人」に働いてもらうため、次の質問に答えてほしい。

  • あなたのビジネスは今、成果が上がっているだろうか?成果が上がっていないのであれば、成果が上がる人に任せることはできないだろうか。
  • 成果を上げられる優秀な人はいないだろうか。違う会社でも違う国でもいいのだ。
  • あなたは優れた人に協力してもらうことに躊躇していないだろうか。躊躇せずに誘っているだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告