社長が「不満だ」と怒ったのは、これが理由だった…

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

経営者の方からのご連絡

こんにちは。橋本です。

午前中、ある経営者の方から連絡が入りました。

お話を聞いてみると、どうやら、その経営者の方の企業が取引するある企業の仕事ぶりについて、「不満だ」というご連絡でした。

驚く言葉

その仕事ぶり、仕事内容を見せていただきましたが、お世辞にも良いとは言えなかったです。

ただ、進められていることだし、僕は大きく否定せず、応対していただのだけど、次に経営者の方はこう言いました。

魂がこもっていないんですよね

これには驚きました。

結構、クールで。人のダメなところも理解し、受け入れるような方なので。

それがここまでの気持ちに。

ここまでの言葉をはくまでになることに。驚いていました。

発注者時代の僕

時々、お話しているように。

僕は独立前は某金融機関のダイレクトマーケティング部の責任者で、膨大なコストをもつ発注者でもありました。様々な企業に仕事を依頼していたわけです。

その時のことを思い返してみると、僕自身、まさにこの気持ちに幾度となくなっていました。

知識や情報や行動、企画以前に、

それがこもっていない仕事は確かに「魂がこもっていないこと」が伝わってくる。

本気でやっていないんだろうな、と。

不思議なくらい、伝わってくるわけです。

1つひとつの仕事を全身全霊をもって、成し遂げる。

それは基本だけど。とても貴重なものでもあるのだろう。

経営者の方の言葉は僕に対するものではなかったし、自分でも常に大切にしていることだけど。改めて、強く意識しようと思いました。

正直にいえば、このことを書くことはどうかな、とも思ったけど。

とても貴重な教えだったので、自分のためにも、この記事を読む人のためにも、書かせていただきました。

◯◯社長、とても勉強になりました。ありがとうございました。

※ご提供している『商品開発実践講座』や『顧問契約』でも、常に全身全霊で対応していくことを意識していきます。

sponsored link
レクタングル(大)広告