スタバの対応に感動!「些細なことだけど、とても幸せな気分になる対応」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

表参道のスタバにて

先日、表参道でお約束があったので、少し早めに到着し、スタバに入って、軽く仕事をしようとした。

店に入り、「ソイラテ、ホット、ショート1つ」と注文したところで、異変に気がついた。

サイフがカバンの中にない。

女性の店員さんがカップに注文をペンで書いている最中。僕はといえば、カバンの中をガサゴソ、ガサゴソと探していた。……と、その時に、あー、そういえば、と前日にカバンの中を整理したのを思い出した。

きっと、あの時に戻さなかったのか。

しかも、今朝からずっとiPhoneのSuica(ApplePay)で支払いをしていたので、全く気づかなかった。

しかたがなく、注文を止めた

もう、サイフはないな。

そう思い、女性店員さんに「あっ、サイフを忘れたのでいいです」と言うと。

その対応してくれていた女性が「いいんですか……」と心配そうな表情をして、そう言った。

ところが……。

僕はすぐさま店を出て、「あー、お金がないってことは誰かに借りないとな……」と思いながら、改めて、カバンの中を見ていたら、銀行のカードを1枚だけ入れていたのを思い出した。

緊急のために使おうと考えていたものだった。

「良かったぁ」と思って、さっきのスタバから2,3分のセブンイレブンのATMでお金をおろし、もう一度、さっきのスタバに入った。

すると……。

お店の中の店員さんみんなから、「おかえりなさい」と言われた。

これには驚いた。

しかも対応してくれた人だけが「おかえりなさい」と言うなら、まだ2、3分しか経っていないので、記憶しているのはわかるのだけど。

第1声は僕のことを対応してくれた人ではなかった。それもほぼ全ての人がそう言ってくれた。

きっと、おサイフを落としたのかな、とか。
なくしたのかな、と心配してくれたのかもしれないのだけど。

こういうことが起きると、今日も結構いい日だな、と思ってしまう。

後日談

後日、このことについて、一部の方に伝えたら、こんな声をいただいた。

「スタバのこういう対応は心に残ってファンになりますよね。『おかえりなさい』と言える文化。すごいと思います」

「きっと心配してくれたのですね。心動かされる対応に和みますね」

直接的にではなく、僕からの間接的な話であっても「素晴らしい対応」だなと思わせる対応。

こうした対応は些細なことなのだけど。その些細な対応が顧客にとっては、素晴らしく心に残る対応になる。

あらゆる仕事、あらゆる立場の人にとって参考になる対応だと思う。

sponsored link
レクタングル(大)広告