常識をぶち壊せ!この現実に目を向ければ、起業での成功は近づく

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

『起業マーケティング』を読んでほしい人

この『起業マーケティング』は文字通り、起業家のためのメディア。

ビジネスをこれから始めたい人たちももちろん対象だし、既に起業し、成功している人たちも対象にしている。年商でいうと、0(ゼロ)から年商10億くらいまで。そのような独立起業をしている人たちが成功していくためのメディア。

ビジネスをスタートして周囲の人から「そんな甘くないだろう。厳しいのだから」と言われる中、「自分はやってやる」と考えている人たち。

会社を辞めて、自分の好きなことを仕事にし「成功してやる」と思っている人たちももちろん入る。

うまくいっていない人たちのメディアでもある

成功している起業家だけじゃなく、うまくいっていない起業家のためのメディアでもある。

現在、まだうまくいっていない人たちにとっては「起業」なんて「うまくいくわけがない(なかったんだ)」と不安に思っているかもしれない。

思い通りにはいかないし、時間も過ぎ去り、資金も減っていき、仕事をする意欲も失われてきて、「挑戦してやる」という意欲も失われ、むしろ、恐れているかもしれない。

そうした状況に追い詰められている人にも読んでほしいメディアだ。

喜ぶべき現実がある

うまくいっていないからこそ、この『起業マーケティング』というメディアにたどり着いたという方は良かった。

まずは喜ぶべき現実を見てほしい。

今では誰でもビジネスをしていくことが可能になっている。

以前なら、かなりのコストをかけなくては入手できなかったツール(道具)はカンタンに手に入る。数十万、場合によっては数百万円かかった技術が無料に近い金額で手に入る。

メディアを展開するのだって、WordPressなどを使えば、かなりのレベルのメディアができる(この『起業マーケティング』もまさにWordPressだし)。

サイトやブログ上の計測であれば、GoogleAnalyticsなどの測定ツールがある。

そうしたサイトやブログ、商品やサービスを告知するFacebookやTwitter、LINE、Instagramなども無料で使える。

動画での展開だって、YouTubeなどを使えば、容易に展開できる。

支援している企業の中には、YouTubeでコストをかけずに展開し、かなりの集客に成功しているところもある。それも普段あなたが使っているようなiPhoneなどで撮影し、それで多くの集客に成功している。

1人で10万人以上の人を集めることもできる。

Instagram1つを例に出すと。

2017年12月頃から僕はInstagramに本格的に力を入れ始めたのだけど。毎月フォロワーは着実に増え、現在では多い投稿で、875件(2018年1月29日現在の数字)。

たとえば、次のものがそう。

インプレッションも数日で1万PV(表示回数)。月間であれば、10万くらいのインプレッションになる。

Instagram1つでそう。

たった1人の力でもコンテンツ次第で延10万人以上に訴求できるし、やろうと思えば、10万人をサイトなどに集めることもできる。1人で複数のビジネスを立ち上げることだって、できるのだ。

サイトやメディアが無料で構築でき、ツールや技術が無料で使え、プロモーション(販促)も無料で展開できる(もちろん、知識やノウハウがない人や企業はどこかに依頼することが賢明だけど、それでもそんなコストは大したことはない)。

支援している起業家やフリーランスの人たちの中にはほぼ更新もせずに、メディアから絶えず集客ができ、年商1億円を優に超えるケースもいる(広告モデルの人にとっては信じられないかもしれないけど、実際に事実)。

また、「短い時間だけ働き、効率よくやりたい」という人がいるかもしれない。

僕はどちらかといえば、仕事が好きだし、やや中毒のところがあるから、短い時間で働きたいという願望はないけど。

今や週に20時間とか30時間くらいでも、正しくビジネスを展開することで、それなりの成果を上げることも可能だろう。生活に困らない状況にはなる(もちろん、上場などを目指すのであれば、違うけど)。

オフィスがない状態で年商1億を超えた人もいる。

常識では、

「オフィスはなければいけない」とか。

「コストは膨大に必要だ」とか。

「何をするにもお金がかかる」とか。

そのようなよく言われている常識などぶち壊そうと思えば、ぶち壊せる時代になっている。

今、もしかしたら、あなたはうまくいっていないかもしれない。

「起業は失敗する人が多い」などの常識に囚われ、悪い方に目を向けるのではなく、良い方に目を向けることだ。

うまくいっていないのであれば、これまでやってきたことは間違っているのかもしれない。でも、断言できるけど、不可能というものではない。変に悩む必要はない。

利用できるモノも多いし、味方になってくれるものも多いのだ。

松下幸之助はこう語った。

「常識は大切。しかし、新しいものを生み出すには、常識から自分を開放することもまた必要である」

そして、スティーブ・ジョブズはこう語った。

「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。
ドグマ(教義、常識)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。
そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。
それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない」

Embed from Getty Images

起業家は新たなモノを創り出す人々。これまでの常識にとらわれず、自分を解き放つことが重要なのだ。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告