起業家がスピードと正解率を急速に高める「即答の技術」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

何もかもを徹底的に分析する必要はない

あなたが独立起業した人で、既に10年ほどビジネスを展開しているのであれば、実感するのだと思うのだけど。起業当初に考えていたことをやっていない人は少なくない。

少し具体的にいうと、会社員などを辞めて「これをやろう。そのために起業しよう」と思ったことがあったと思う。そうした最初のプランをずっと続けている人ばかりではないということだ。

これは簡単で「外れてしまう」のだ。

もちろん、僕が支援している人を見ていると、起業当初に考えていたものを今も続けて、10年近くが経過しているという人もいる。

でも、そういう人ばかりではない。

「こうやればうまくいくはず」というものが大きく外れ、そのビジネスから他のビジネスに移る人もいれば、1つだとリスクがあるので、複数展開し、そのうちに当初とは違うビジネスが大きくなり、そこにフォーカスしていくようなケースもある。

僕自身の話でいうと……

僕が会社員を辞め、独立当初からやっているのはコンサルで、今もコンサルなので。

その意味では起業当初に考えていたものを今も続けていることになるのだけど。それでも、内容は当初考えていたものと違う。

では、その不透明な世の中を前にその1つひとつを徹底的に分析をし、徹底的に石橋を叩いて渡るようなことをすれば、うまくいくのだろうか。

それも違う。

いかに分析しても、実際にやってみると違うケースもあるし。

そもそも起業した人たちにそのような余裕はない。1つひとつ分析し、石橋を叩いて渡るような準備などをしていたら、すぐに限られた時間や労力、資金が尽きてしまう。

「徹底的に分析をする」などという一見正しそうに見えることが実はそう簡単でもない。

今回は『起業家がスピードと正解率を急速に高める「即答の技術」』という話。

時間や労力、資金に制約がある状況で、不透明な世の中を「見ず」に答えを導き出す話。正解率とスピードをこれまで以上に高めることができる。

起業家がスピードと正解率を急速に高める「即答の技術」

即答できるものがあることを知る

実際のビジネスでは、この先が見えない不透明な世界を見ずに即答できるものがある。それを意識することだ。

ここでは何がそれだということをは知る必要はない。ただ、それを意識し、そうした問題と回答を見つけたら、押さえるようにしておく。

状況を見ずに即答できる問題の具体例

「なぜ、状況(不透明な世界)を見ずに即答できるのか?」

そう疑問に思う人もいると思うけど、実際にそのような問題はいくつもある。

一例としてわかりやすいのが「顧客と競合」。

たとえば、戦略や何らかのプランを考える時に「競合を見よう(優先して分析しよう)」などと発言する人がいるだろう。でも一方で「顧客を見よう(優先して分析しよう)」という考えもある。

「競合が重要」と言われると「それはそうだよな」と答え、「顧客が重要」と言われると「それはそうだよな」と答える。

でも「競合と顧客、どちらが重要なんだ。どちらを先に見たらいいんだ」と聞かれると、途端に答えられない人が少なくない。そこで思考がストップし、次の行動に移れなくなってしまう。

でも、どうしたらいんだろ、などと悠長に対応していたら、時間も労力も失われていく。

こういう問題は即答できる。「顧客」だ。

あなたのビジネスの商品やサービスを購入するのは顧客だし、買うと決断するのも、買う行動をとるのも、買うためにお金を支払うのも顧客。

逆にいえば、競合はそうしたことが全くできない。競合はあなたの商品を購入するのも、買うと決断するのも、買う行動をとるのも、買うためのお金を支払うのもできないのだ。

売上に大きくつながるのは間違いなく「顧客」。

……と聞けば当然のことなのだけど、多くの人が悩むような問題。でも、実際には即答できるものは数多くある。

商品やプロモーション、サイト、価格にだってあるし、タイトルをつけること1つとってもある。

即答できる問題は数多くある

このように即答できる問題は数多くある。

明確に「これが正しい」といえる問題もあれば、「これは間違っている」といえる問題もある。言い換えると、選択肢として選ぶべきものがある一方で、選択肢として選ぶべきでないものにも即答できるものがある。

不透明な世の中だといって、目の前の状況や要素について1つひとつ当たるのではなく、即答できるものは即答してしまえる。

(もちろん、じっくり見なくてはいけないものはじっくり見ることだ)

繰り返しになるけど、目の前の状況を見る前に即答することになんの意味があるのか?と考える人もいると思う。

だけど、何も見ずに解ける問題があればあるほど、その点については確実に売上があげられたり、売上を上げる確率を高めたりできるようになる。

即座に答えを導き出せることで、自信だってついてくる。

即答できる問題だからといって、誰にとっても簡単というわけではない。
顧客と競合についてだって、顧客よりも競合を優先してしまう人もいるのだから。

下手に状況を見て、そうした周りの人の意見を聞いたりしてしまうと。「競合も重要だよね」などとそれっぽく話している人の影響を受け、回答がわからくなり、混乱し、変なところで失敗、ミスをおかすことになる。

そうしたことを避ける意味でも、即答できるものは即答しておく。正しい回答を導き出せるところで出しておく。間違っている回答は削っておく。

そのためには即答できる問題をきちんと押さえておくことが重要になってくる。

まとめ

まずは、即答できるものがあることを知ること。
状況、つまり「不透明な世の中」を見ずに即答できる問題は数多く存在する。そうした問題をきちんと押さえておくことで正解率もスピードも高まる。

あなたへの質問

  • あなたのビジネスで、即答できる問題はあるだろうか?
  • 具体的にはどのような問題があるだろうか?
  • そして、その答えはどのようなものだろうか?
sponsored link
レクタングル(大)広告