実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのこと「実績なしで成功するために」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

実績も経験も人脈もない

「自分には実績も経験も人脈もない」
「立派な経歴もない」

そんな風に考えてしまう人もいると思う。僕だって、そう考えたことはあるし。

クライアント企業の経営者の方に「実績」について相談されることもある。

実績もないし、経験もないし、人脈だってない。だから自信がない、と。これについては否定できない。確かに、多くの人や企業は実績や経歴を見て、人や企業を判断したりする。

書籍などでは著者のプロフィールを見て、どんな人かを判断し、本が買われたりする。

専門家などでも実績や経歴を見て、それで発注する。実績や経験がない人を信用しないのはもちろんある。

でも、実は、実績や経験、人脈などが「ない」ことにも「強み」はある。今回はその話をしたいと思います。特にこれまで「(自分は)大したことをしていない、ダメだな」と考えてしまいがちな起業家の人に読んでほしい、と思います。

無ということ

実績、経験、人脈がない。ビジネスといえるビジネスが生み出せていない。その状況は一言でいえば、「無(む)」ということ。

「無」とはどういう意味かというと、何にも縛られていないので、自由になんでも作れるよ、ってことだ。

有ということ

逆に「有(ゆう)」。あるということはその「あるもの」に縛られてしまう。

既に実施しているビジネスがあれば、そのビジネスに縛られる。

もちろん、そのビジネスが非常にうまくいっているのであれば、それを続ければいい。

だけど、そうでない場合もかなりある。その場合は悲惨だ。

うまくいっていないビジネスに縛られてしまうと、時間も労力もお金もそこに縛られる。もっと良いビジネスがあるかもしれないのに、ずっとそこに縛られてしまう。それは最悪のことだ。

かつてAppleの創業者スティーブ・ジョブズはAppleを解雇された時にこう語っている。

「当時は分からなかったが、アップル社に解雇されたことは、私の人生で起こった最良の出来事だったと後にわかった。成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ。何ごとにつけても不確かさは増したが、私は解放され、人生の中で最も創造的な時期を迎えた」

無の3つの強み/魅力とは

では、ここから無の強み、魅力を3つご紹介します。

創造性

まず1つめが創造性。

先ほどのジョブズの言葉にこうありました。

「私は解放され、人生の中で最も創造的な時期を迎えた」

人生で最も創造的な時期を迎え、後にスティーブ・ジョブズはiPhoneをはじめとする偉大なる創造をいくつも成し遂げた。「無」であり、何一つ縛られていないので、何でも創れる。

1973年にノーベル賞を受賞した物理学者である江崎玲於奈はこう語っていた。

「創造的な仕事をするために、してはいけない5つのこと ー 今までのいきがかりにとらわれるな。人の影響を受けすぎてはいけない。記憶力には限界があるから、無用のものは捨てよ。闘うことを避けてはならない。安定した満足感を持ってはいけない」

やや乱暴に一言でいうと、「無」ってこと。

今までのいきがかりにとらわれるな、人の影響を受けすぎるな、無用なものを捨てよ、安定した満足感は持ってはいけない、などはまさにそう。

スティーブ・ジョブズが解雇された状況もまさにそうだったわけです。

無から有

2つめのメリットは無から有を習得できるということ。

ビジネスを新たに創る場合、「無」から「有」を創るということ。

たとえ、今後、ビジネスが立ち行かなくなったとしても、無から有を身につけてしまえば、怖いものはない。うまくいかなければ、新たな無から有を創ればいいだけだから。

幾度でも立ち上がることができる。

Appleを解雇されたジョブズのように、です。

シンプル


3つ目として伝えたいのはシンプルさ。

これまでのモノがない場合。無駄をしている余裕はない。

無駄をなくし、創っていかないと「有」は生まれない。そのためには意味のあるものに集中して創り上げる必要がある。

後ろ盾がないからこそ、シンプルさが重要になってくる。そのシンプルさを身につけることができるということ。

時間、お金がない場合

実績、経験、人脈以外に「時間がない」とか「資金(お金)がない」という場合もあると思う。

その場合はなおさら、上記のように創造性、無から有、シンプルさが必要になってくる。時間がなくて資金がないんだから、無駄なことをせず、シンプルに創造していく必要がある。

哲学者ニーチェの

「毎日少なくとも一回、何か小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も駄目になるおそれがある」

という言葉のとおりだ。時間も資金もないのだから、無駄なことに使ってはいけない、シンプルに創り上げていくことだ。

そうすることで、創造性、無から有、シンプルさを身につけることができる。

あなたへの質問

無の状況を味方につけるために次の質問に答えてほしい。

  • あなたは実績がない、経験がない、人脈がない、時間がない、お金がないと嘆いたことはないだろうか。
  • そう考えてしまうことがあるなら、そこで「無」の強みを意識しているだろうか。
  • 「無」の強みを活用するために何ができるだろうか。
sponsored link
レクタングル(大)広告