『Amazon Dash Button』日本上陸!特にオススメなのはこんな人たち…

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

Amazon Dash Button日本上陸

Amazonジャパンが、ボタン1つで対応する日用品を購入することができるIoT端末『Amazon Dash Button』を12月5日より発売した(画像:Amazonより)。

amazondash-1

amazondash1-1

買い物だけでなく、通販サイトに行く必要なし

買い物に行く必要がないだけでなく、通販サイトに行く必要もない。

Amazonのサイトに行く必要もないのだ。

水が切れたりする度に重たい水を買いに行ったり。洗剤が切れる度に薬局などに買いに行くのは大変だ。Amazon Dash Buttonがあれば、ボタン1つでいつでも日用品を注文できるようになる。

利用はカンタン

Dash Buttonを利用するには、まずWiFiに接続し、(iOSかAndroidの)スマホアプリからボタンで発注したい商品を設定するだけでいい。

あとは好きなところにボタンを設置して、水やシャンプー、洗剤などが切れたらボタンを押すだけだ。それで品物が届く。

サービス開始時点の現在は40種類のブランドが参加している。主に定期的に購入するような商品だ。こんな感じだ……。

amazondash2-1

ヘアケア商品の『TSUBAKI』、カルビー『フルグラ』、『サントリー天然水』など食品・飲料メーカーもボタンで注文できるようになっている。自分は『フルグラ』を購入してみた。

対象顧客

ただし、対象顧客はAmazonの有料会員『プライム会員』に限定されている。

税込500円で購入するのだが、商品の初回購入時に500円分が差し引かれるので実質的に無料となる。

特にオススメの人たち

特にオススメなのは、これまでPCやタブレット、スマートフォンを使えず、Amazonを利用できなかった高齢者の人たちだろう。

Wi-Fiの設定は必要だが、ボタン1つなら、高齢者にも十分に利用可能だと思う。

ボタンを押すだけで、Amazonの通販サイト上で商品の注文が完了する。

押し間違えを防ぐため、購入から30分以内であればキャンセルや変更が可能。

「誤ってボタンを連続で押したら、どうなるんだ」という疑問もあるだろうが、連続で押しても1回分の注文となるので安心だ。

米国では

米Amazonのダニエル・ラウシュ担当ディレクターはこう語る。

「買う物が決まっている日用品のショッピングが不要になる」

既にサービスが開始されている米国ではボタンを通じた注文が過去1年で5倍に増加していて、サービス開始時に18種類だったブランド数が今や200種類以上。

米ピーツ・コーヒーは今ではボタンによる注文が半分以上を占めているということだ(アマゾンで販売するコーヒーのうち)。

sponsored link
レクタングル(大)広告