Amazonが『Amazon Echo』『Alexa』を年内に日本で展開(動画つき)

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

Amazonが『Amazon Echo』『Alexa』を日本で展開

10月2日。Amazonジャパンが『Alexa』と『Amazon Echo』を年内に日本で展開すると発表した。

そもそも『Alexa』も『Amazon Echo』も知らないって人に少し説明すると……。

Alexaとは

まず『Alexa』はクラウドベースの音声アシスタントサービス。

音声アシスタントだと、iPhoneを使っている人なら『Siri』を使っていると思うのだけど、あのAmazon版だと思ってもらえればいい。

Googleでいえば、『Google Assistant』のこと。

ちなみに、SiriはAmazonのAlexaはもちろん、Google Assistantよりも前から普及しているものだけど。実際には後発のAlexaがかなり凄い。

Siri以上ともいう人もいる。

1万以上のスキルをもつ

Alexaは1万以上ものスキルがあると言われている。

天気を確認するなどの他愛もないものから、ピザを注文したり、さらに素晴らしいものまで広く網羅している。

まあ、音声アシスタントとして、有能だということ。

Amazon Echo

そして『Amazon Echo』というのは、このAlexaを利用できるスマートスピーカーのこと。

Amazon Echoは既に北米ではかなりのシェアを獲得していて、スマートスピーカーの開拓者ともいえる。

ハンズフリー(手で操作しない)で話しかけるだけで、様々な情報を取得できたり、音楽を再生したり、タイマーやアラームのセットができたり、そんな操作が可能なのだ。

ちなみに操作するには、Siriの場合は「ヘイ、Siri」で、Googleの場合は「OK、Google」だったけど、英語版では「アレクサ」や「アマゾン」「エコー」「コンピュータ」も選べるようになっている。

では、次の動画を見てほしい。

他のスマートスピーカー

Amazon Echoと同様のスマートスピーカーは、日本ではLINEがスマートスピーカー『WAVE』を先行体験版として展開していて、Googleは『Google Home』を、Appleは『HomePod』をグローバルでは発表していて、今後日本市場での展開が見込まれている。

Amazon Echoの販売時期

Amazon Echoについて、「ほしい」という人もいると思う。

これについては年内に日本で展開すると発表されているけど、事前に購入を希望するユーザーには招待制で販売するらしい。

いずれにしても楽しみ。

自宅やオフィスに置いて、操作できる日も来るということだ。

sponsored link
レクタングル(大)広告