イーロン・マスクのイノベーションが常識をぶち壊す「東京‐ハワイ30分」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

イーロン・マスクの驚きの発表

2017年9月27日から29日にわたり、オーストラリアで宇宙関連カンファレンスが開催された。そこでイーロン・マスクがスペースXが開発を進めている、火星移住計画に用いる予定の超巨大ロケット「BFR」については発表した。




巨大ロケットBFR

全長106メートルの巨大ロケットBFRは宇宙で燃料補給を行って火星に向かうことを可能にするだけでなく、旅客機のように地球上で用いることで世界中のどこでも1時間以内に到達できる可能性もある、と発表した。

ちなみに106メートルというのはこれだけ違う。
これまでのファルコン9などと比べ、圧倒的に大きい。

火星移住計画

そして、こんな感じで火星に移住するという話。

イーロン・マスクの常識をぶち壊す発表

このように火星へのロケットという発表がメインだったのだけど、最後にイーロン・マスクが「火星に行けるロケットを作るのなら、それを地球にも応用できるのではないか」と伝え、「東京からホノルルは30分。しかも1時間以内に世界中のどこでも1時間以内に到達できる」と発表した。

この発表がインパクトがありすぎたためだろうか、それがメインのように様々なニュースが流れまくった。

時事通信は「東京からハワイへ30分=ロケットで移動-米企業構想」と伝え。

FNN NEWSでも「『ハワイまで30分』宇宙船計画」と伝えた。

その他のメディアでもこの点を伝えていた。

人々の常識をぶち壊す

この人々の常識をぶち壊すイノベーションは確かに凄まじい。

ある意味では、一般の僕らが宇宙に行くこと、火星に移住すること以上に常識をぶち壊すことだから。

だって、30分という時間は、東京駅から同じ東京都内の吉祥寺に行く程度の時間だ。その時間で東京からハワイに行けてしまう。

それにエコノミーの料金を想定しているらしい。

長距離は時間がかかる。

海外は遠いから、時間がかかるのが当然という、一般的な常識がぶち壊されてしまう。

しかも、それだけ高速なものだったら、特別な料金だろうという常識さえもぶち壊している。

海外が国内より近くなる

これだけ常識を覆すほど驚かすことだからこそ、火星移住計画の話以上に記事として、取り上げられ、多くの人にSNSで拡散された。

まさにイーロン・マスクの言葉どおり、これだけのインパクトであれば、広告など不要だ。

「何かを成し遂げようとする過程では、必ず様々なノイズが聞こえてきます。でも、それは本当に重要なことなのか。多くの人がここを見誤ります。
最も重要なのはプロダクトの質であって、それ以外のなにものでもありません。テスラ・モーターズでは、広告に一切お金を使わずに製品の質だけを追求しています。全ての資金は最高の質の車をデザインし、製造することに費やしています。もし、会社が費やしているお金がプロダクトの質の改善につながっていないのであれば、それは今すぐやめるべきです」
イーロン・マスク

「他人が大切にしている価値観を考え、それを形にしてあげれば人はお金を払う。お金は社会で常に必要性のあるところへ流動するものです」
イーロン・マスク

この事例はとても参考になる。

だって、そもそも旅客機の世界でこれだけのイノベーションを起こすことができるのだ。どんな業界であっても、どこかにイノベーションの種があるということだ。

まだまだやれる余地があるということだ。

sponsored link
レクタングル(大)広告