ポケモンGO、初日ですでに「飽きた人」の3つの理由

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

ポケモンGOの問題点

ポケモンGOが日本でも配信開始されました。はじめたばかりの時はオモシロイですよね。これまでのゲームとは違うし。

実は前日の7月21日。Facebookでこう投稿しました。

『ポケモンGO』は……従来のゲームと大きく違う。
舞台はリアル(現実)の世界で、自分が探すのだし。

従来のゲームの欠点である、キャラクターが自己そのものではない(自分とは違う、キャラクターなど何かを操作している)という点は若干カバーされる。

でも長期的に見ると、ユーザーを「動かし続ける」のは並大抵じゃない。ゲームをするためにユーザー自身が動きまわることにそのうち飽きてしまうはず
理想はユーザーが動かずに日常で自然にできること。
(これは色々とビジネスをお手伝いさせていただいても強く感じること)。

で、今日7月22日のツイートでも

ユーザーを歩かせる(動かし続ける)」ことが問題点だとツイートしました。

少し補足すると、従来のゲームの主なターゲットと、『ポケモンGO』の提供するモノが食い違っている、ということです。

乱暴にいうと、

頻繁に外に出たり、人と会ったりと外を出歩くようなタイプの人はゲームばかりやったりはしない。

逆にゲームをやるような人間は、比較的動かない人が多い。

家でゲームをしたり、電車でゲームをしたり、カフェなどでゲームをしたりする。要は動かないし、スキマ時間にやっているわけです。そして、その至るところで、ゲームができることにより、ゲームの世界への没入感が高まり、価値を感じ、課金に至る人が増えていくわけです。

ですが、『ポケモンGO』はその没入感にまでは至らないです。基本はジッとしてはできないゲームなので。

このように次の3つが問題だと考えていました。

  • 問題1:ユーザーを歩きまわらせること(長期間、動きまわらせることはまずできない)
  • 問題2:ゲームの提供する「価値」と「ターゲット(ユーザー)」との違い
  • 問題3:スキマ時間、ジッとしている時間にはゲームができず、没入感に至らず、課金するほど価値を感じさせない。

冒頭にお話したとおり、

従来のゲームと大きく違う。
舞台はリアル(現実)の世界で、自分が探すのだし……

これは確かに素晴らしいことで、だからこそ、一気に人気が高まったわけです。ですが、これだけの問題があると「飽き」が来るのも早い。

そして、上記の3つの問題以外の問題として考えられるのが、「飽きた」という声が上がってくると、「ブームが去った」と思う人が増えてくるということです。そうなると、「今さら『ポケモンGO』は恥ずかしいな」というような人たちがでてきて、一気にブームが去る可能性があるわけです。

個人的にはそうならないでほしいのですが……。

ただ、それを心配して、Twitterで「ポケモン 飽きた」と検索してみたら、驚くほど、「飽きた」という人が多い。本当にビックリするほど多い。

カンタンに分類すると、今のところは次の3つに分類されます。

  1. 飽きた(理由は明確ではありませんが……)
  2. 歩きまわる(動きまわる)のがイヤだ
  3. 話題に飽きた(これは僕も予想はしていない理由です)

分類1:「飽きた」

まず「飽きた」という人たち。理由は明確ではないけど、とにかく飽きたという人々。ここに取り上げたのはほんの一部です。年齢層は10代から社会人まで、多くの人が次のように語っています(もちろん、これは「飽きた人々」なので、ゲームをやっている人々のツイートもあります)。

デーブ・スペクターはフツウの人ではないですが……。

分類2:「動きたくない(歩きたくない)」

動きたくないから(歩きたくないから)飽きた人々。ゲームをするためにわざわざ動きたくないということです。

分類3:話題に飽きた

『ポケモンGO』ネタに飽きた人々。ポケモンGOネタばかり聞かされることで、飽きたという人たちです。

ここであげたのはほんの一部。

Twitterなどで「ポケモン、飽きた」と検索してみてください。

わずか1日なのに飽きた人の数は半端ではなく出てきます。

先ほど話したとおり、飽きた人が氾濫しはじめると、「ブームが去ったモノ」を今さらやるのを嫌がる人が増えてきます。通常のゲームとは異なり、『ポケモンGO』はコッソリやることができないゲームなので、余計にしなくなる可能性が高いです。

個人的にはこれだけ人気になったゲーム。このゲームのために努力している人たちもいるので、そうなることは避けてほしい気持ちもあるのですが……。

人は動いてばかりはいません。ジっとしていたり、電車に乗っていたり、座っていたりするわけです。その問題をクリアしないと、『没入感』は生まれず、価値を感じず、長期的にはうまくいくゲームではないと思っています。

『ポケモンGO』がそうした問題点をクリアするのか、それとも、新たなゲームがそうした問題点をクリアするのかはわかりませんが、より良いゲームができてほしいな、と考えています。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告