商品開発に苦しんでいる起業家の力を瞬時に高める方法

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

商品開発に
悩んでいる起業家

あなたが起業家であれば、自社の売れない商品に悩んでいるかもしれない。売上を上げるのは掛け算。

売れる商品✕売れる方法

圧倒的なマーケティング力(売る力)があれば、平均的な商品でも売れてしまう。

でも、その商品が平均以下で売れないものであれば……極論、ゼロであれば、いかに売れる方法でも、容易には売上が上がらなくなります。

本当に売れない商品だと、売れないわけです。

なので、商品が売れない状況にあると、商品開発は切実な問題になります。実際、最悪の商品を売ろうとして、起業自体が失敗してしまう人だっています。

woman-1006100_1920

売れる商品を手に入れることは
超重要な問題

「売れる商品」を開発したり、手に入れたりするのは最重要の問題です。

僕がコンサルをしたクライアント企業でも、売れる商品を手に入れた企業は成長の仕方が半端ないです。一気に競合と差をつけ、突き抜けることだって、できます。そのような企業をこれまでいくつも見てきました。

逆にいえば、売れない商品しかなかったら、切実です。常に「何か、売れる商品はないか……」と考えてしまう。夜だって眠れないほど悩むかもしれないです。

でも、売れる商品は
手に入らないかもしれない

自社でひたすら考えていても、売れる商品は生まれないかもしれないし、手に入らないかもしれない。

これまでうまくいかなかったということは、厳しい言い方をすれば、商品開発や選定の担当者の力不足か、企業の力不足か……。原因がどこにあったとしても、何らかが弱かったから、これまでうまくいかなかったわけです。

その弱さをもつまま、商品開発や選定に取り組んでも、同じ結果を生む可能性だって、あります。

2つの商品開発/選定法

そんな時にそれを解決する方法が2つあります。

いえ、厳密には3つで、本当は僕にご相談いただくのが最適だと思いますが……。

それを除くと、方法は2つです。

顧客」に聞くということ。

1つが「顧客」に聞くということです。

聴き方はカンタンではないのですが、顧客にどのような商品が良いか、それを確認していきます。

商品を買うのは「顧客」です。買うお金をもつのも「顧客」です。その顧客から直接アイデアをもらうわけです。

でも、問題点があって、これまでにない商品を想像させるのは困難だということ。そして、評論家になってしまう可能性も高いため、それらに対し注意が必要です。

取引先企業などに聞くということ

もう一つがメーカーや商社など取引先企業などに聞く方法です。

数年前のことですが、ある通販企業が大手新聞に全面広告を展開していました。

そこにはこう訴求されていました。

「皆さまのご自慢の商品をお待ちしています」

通常の一般顧客ではなく、「家庭用品メーカー、靴・バッグメーカー、輸入品商社、国産品商社の皆様へ」とターゲット企業を明確にした、企業に対する広告でした。

自社で商品を開発したり、考えたりするだけではないのです。

顧客に考えてもらうことだってできるし、取引先企業に考えてもらうことだって、できるわけです。

もちろん、注意が必要な点はありますが、自社以外の力を最大限活用することで、商品開発力を高めていくことは容易にできるのです。

sponsored link
レクタングル(大)広告