Yahoo! JAPAN公開当時のページは最強の教科書だ!

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

Yahoo! JAPANの1996年当時のページ

Yahoo! JAPAN20周年を記念して、初期(1996年当時)のYahoo! JAPANトップページを可能な限り再現した、というニュースが流れました。それが次のモノ。

yj1996

Yahoo! JAPANについては特に説明は不要だと思うけど、1996年当時も他を圧倒するサイトでした。

1996年4月1日に公開されたポータルサイトで、現在のように多くのサービスはなく、キーワード検索とディレクトリー検索(要はカテゴリー)だった。

公開開始から1ヶ月のPVは約32万PV。
それが現在はスマートフォンも含めると、月間631億PVになっている。

そう考えると「イマイチだな」と思ってしまうかもしれないけど、実際はネットユーザー全体の規模が小さい状況にあり、この約32万PVでも他を圧倒するものでした。

僕の記憶は少し違った

でも、僕はこのニュースを見た時に何か違和感を感じました。

「いや、これは最初のモノじゃないだろう。あと一つ前のモノがあったはず……」

僕の記憶では先ほどの前にもう一つ、さらにシンプル、いや素朴なモノがあったはずだ。そう思い、ネット上などを探してみることにした。

すると、すぐに見つかった。それが次のものです。

yj1996-1-1

少し画像が悪いけど、

「箇条書き」

だった。コレを見ると、本当に考えさせられる。

興味深いのは一番上にあるのは、注目を集めるニュースではないこと。

「芸術と人文」だ。

今、考えると、どうして、芸術と人文なのか、と思ってしまう。しかも、その内容は「写真、建築、美術館と画廊、歴史、文学」。

写真はともかく、アクセスが非常に少なそうなモノばかり。それが最上段にあったわけです。

ちなみに言うと、それは米国のYahoo!から来ている。米国Yahoo!のサイトは次のものでした。

y

これが米国Yahoo!の初期のモノ。カテゴリー毎の説明などはなく、カテゴリーだけ、もっとシンプルなものだったわけです。

こういうモノばかり見ていると、「今のYahooってどうなっているんですか?」という質問が来そうなので、そちらもご紹介させていただく。

現在:Yahoo! Japanサイト

y2016

現在:米国Yahoo!サイト

yu

これらを見ていると本当に歴史を感じますね。スゴい変化です。

コレは最強の教科書だ

2016年現在のYahoo! JAPANのサイトを見て、「あー、こうだった」と思い出した人もいると思う。これが20年の歴史。全く違うものになってます。

今でこそ、このトップには動画の広告なども掲載されているけど、当時はそんな時代がまさか来るとは思わなかったわけです。

初期のサイトを振り返り、考えてほしいのだけど……

世界を代表する企業のサイトが「この程度」だったってことです。

当時、あのサイトが世界を代表する企業の、世界を代表するサイトだったわけです。あの「箇条書き」が、です。今、見ると、個人のサイトでも、あそこまで悲惨なものは少ない。

改善が重要

だから、重要なのは「改善」です。Yahoo!があそこまでの企業に、そして、サイトになったのは間違いなく、改善に改善を重ねたことです。

その力によって、最初はひどい「箇条書き」だったものが時代の変化に対応し、今でも有名サイトで存続しているわけです。

無名起業家も「改善」「改善」「改善」

もし、あなたが無名の起業家であれば、影響力もないし、資金や時間、労力にだって、限りがあると思います。Yahoo!同様、最初から、優れた商品やサービス、サイトや広告など、展開できないと思います。

いや、まず展開できません。彼らと同じように、アクセスが少ない「芸術」などを上位に掲載してしまうかもしれない。

だからこそ、改善を繰り返すことです。

まるで延々と続く階段を昇るようにです。

stairway-1149473_1280

無名起業家のあなたは当時や現在のYahoo!のような地位にない。

だからこそ、余計に「改善」が必要になってきます。最初から完璧なモノなど創れないのだから、尚更に、です。つまり、次の流れです。

  1. 商品やサイトなどを創った時はそれが完成したモノでないことを強く意識
  2. ひたすら改善を続ける(終わることはない)

ひたすら、改善を続けるのです。

それがあなたのビジネスを高い成果へと導いていきます。

sponsored link
レクタングル(大)広告