売れるブログの導入部分はここが違う!5つのポイント

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

ブログで年商1億円以上の売上を上げる起業家

独立起業をしている人たちの中には、ブログなど(コンテンツで)の集客に力を入れ、年商1億円以上の売上を上げているケースがある。特に高額の単価の商品/サービスを提供している事例だとそれが可能になってくる。

僕が支援する起業家の方の中には、まさにそうした人たちがいて。
これはいわゆる広告収入などで展開している人や企業とは全く違う展開をしている。

一方で、ブログなどで展開をしているのだけど。なかなか成果がでていない方もいる。

そうしたそれぞれの起業家の記事を仕事柄、確認させていただくことが多いのだけど。実は、それぞれのブログの記事を2、3チェックすれば違いが明確に見えてくる。

それどころか。ほとんどのケースで冒頭の数行を読めば、そのブログがどの程度の完成度なのかが見える。「このブログは凄いな……」とか「課題が多いな」などとだ

実は問題の多くは実は記事の最初の段階にある。

(実際、僕のところにも「ブログの出だしがうまく書けないんです」などという質問が少なくない。要は書き手の方も自覚していたりもする)

逆にいえば、最初の(導入)段階がうまく書かれていれば、そのあとは多少誤字があろうが、文章が読みづらかろうが、読み続けてもらえる可能性が高まる。

最初がとても重要なのだ。今回は『売れるブログの導入部分はここが違う!5つのポイント』について、話していく。

これができれば、記事は大きく変わる。滞在時間も伸び、リピーターも増え、PV自体も上がってくる。それでは始めていきたい。

売れるブログの導入部分はここが違う!5つのポイント

読者の質問が何かを明確にする

ブログを書いているのだから、読者(相手)などいないだろう、と考え、ただ自分の考えを書いてしまう人もいるのだけど。これは実際には違う。
既にPVがあるのであれば、読者はいるし、いないとしても、これから読んでくれる読者を想定して書く。

この『起業マーケティング』のケースであれば、『起業マーケティング』を読んでくれている人たちに会う機会もあるので、その最大公約数(平均的)のタイプを押さえ、イメージして書いている。もしくはその平均的なタイプに合致する人がいるなら、その人をイメージする。

その上で、その人(たち)が強く苦しんでいることで質問してくることを明確にする。

今回の記事であれば、

「先生、ブログの出だしがうまく書けないんです」とか。

「(出だしで去っているのか)滞在時間が短いんです。すぐにブログから去ってしまうんです」などと。

彼ら彼女らが質問しそうなことを。「ブログ」「ブログの出だし(導入/冒頭)」「読者が去ることを避けたい」などと明確にする。そして、それらの言葉を用い、記事(コンテンツ)をつくっていく。

導入部は離脱(去る)する傾向が高いことを強く意識

あなたにはこんなことがないだろうか。
小説などを読み始める時、状況描写などが頭に入りづらくて、その導入部分にスーッと入っていけないことが。

たとえ、文章のプロである著名な小説家などが書いたものであっても、導入部はうまく入りづらいのだ。

ましてや、読者が文章に慣れていない人であれば、余計にそうなる。

基本、導入部は読者がすぐに読むのをやめてしまう可能性が高いことを強く意識する必要がある。読んでくれるのは当然ではなく、読まないのが当然。その状況でいかに読ませるのかを考える必要があるのだ。

読者に対し「あなたの悩みの答えを知っています。教えます」という気持ちで書く。

エッセイなどをブログに書き、まるで世間話のような話題でも求められているのであれば、別なのだけど。

何らかの問題解決をする記事を書く場合、その読者に対しては、

「あなたの悩みの答えを知っています。今から教えます」という気持ちで書くことだ。

そのつもりで書いているという人はまず自分のブログを確認してほしいのだけど。

冒頭でその「悩み」について、まず話題にしているだろうか。

わけもわからない、自分についての世間話を書いていないだろうか。
実際に検証すると、冒頭の段階で「自分についての世間話」を長くすればするほど、滞在時間は低くなり、立ち去る確率が高まる。

あなた自身が読者の好きな芸能人などであれば別だけど。そうではない場合、読者が興味があるのは読者のことだ。

まず最初に読者に対し「あなたの悩み」のことをこれから書きます、その答えもきちんと伝えていきます、と伝えていく(言葉にしなくても、そういう風な流れで書いていく)。

読者が最も重視する順で書く

そうして、読者の悩み(問題)について書くのだけど。
たとえば、3つの悩みについて書くのであれば、あなたならどうするだろうか。

Aという悩み、Bという悩み、Cという悩みがあるとして、それを思いつくまま、A、B、Cなどと順に書いてはいけない。

読者の多くがCという悩みに深く悩んでいて、Aという悩みについてはそこまで悩んでいない場合だってある。

「すぐに読むのをやめる」人たちが読者。最も注目を集める、最も辛い悩みについて、書いていくことだ。

それが最も辛い悩みCをラクにするような内容なら、あなたのことを信頼し、次のBやAのことも読んでくれるようになる。

迷わせないようにする

簡単にいうと、迷わせないことだ。
一体、この人は何の話をしているんだろう、と思われたら、すぐに去ってしまう。
そのため、文章の順番なども注意する。

たとえば、「長い説明」があって最後に「これがCという問題の解決策です」とあるとしよう。この場合、その「長い説明」については、最後の文章(「これがCという問題の解決策です」)を読むまで、一体、何を書いているんだろう、と読者に思われてしまう。

そうではなく、「これからCという問題の解決をお話します」と書いて(見出しでもいいけど)、そこから説明をしていく。こうすることで迷わず、顧客は離脱しなくなる。

タイトルを考える時も基本は導入(冒頭)と同じ。タイトルにはタイトル固有の問題はあるけど、上記のようなことを考慮して創り上げていく。

まとめ

  • 読者の質問が何かを明確にする
  • 導入部は離脱(去る)する傾向が高いことを強く意識
  • 読者に対し「あなたの悩みの答えを知っています。教えます」という気持ちで書く。
  • 読者が最も重視する順で書く
  • 迷わせないようにする

あなたへの質問

  • あなたは読者の質問が何かを明確にしているだろうか。
  • 導入部分は離脱する可能性が高いことを強く意識しているだろうか。
  • 読者に対して「あなたの悩みの答えを知っている。これから教えるよ」というスタンスで書いているだろうか。それが伝わるように書いているだろうか。
  • 読者が最も重視する順で書いているだろうか。
  • 顧客を迷わせてはいないだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告