広告やサイトに使う写真であなたの商品の価値を高める技術「ハロー効果」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

あなたの広告やサイトのモデルの写真

あなたの広告やサイトに写真を掲載する時があるだろう。

写真というと自分のプロフィールとしての写真をイメージする人もいると思うけど。どちらかといえば、広告やサイトに掲載するモデルの写真のこと。

僕がマーケティングを支援する企業でも、サイトに掲載するモデルや、写真をどうするのか、と悩まれているケースがある。

大手企業の場合、既にモデルを採用しているケースが少なくないので、自由にモデルは選択できないので、その場合は写真を選択することになるのだけど。

自由に使える場合は、ここで安易に写真を決めない方がいい。
綺麗な写真であればいいわけではないのだ。

今回は「広告やサイトに使う写真であなたの商品の価値を高める技術」という話をしていきたい。

商品の価値を高める「ハロー効果」

デザイナーで心理学者でもあるマーク・アンドルースは著書でこう語っている。

「私たちは、商品を宣伝しているのが美男美女だからといって、自分はまどわされないと固く信じている。しかし、調査によって、私たちが魅力的な人のほうを意識的に選んでいることや、外見が魅力的な人を内面的にもいい人だとみなし、そういう人が宣伝する商品に対しておいいイメージをもつことが明らかになっている」

心理学的にいうと「ハロー効果」。
後光効果ともいう。

「ハロー効果」というのは、何か対象(上記の場合は「商品」)を評価するときに、目立ちやすい特徴(上記の場合は「美男美女」)に引きづられて他の特徴に対する評価が歪められる現象のこと。

つまり、美男美女が出ることで、その後光が指すように、商品の評価も現実以上になってしまうってこと。

そうした影響を受けないようにしても、多くの人は避けられない。

スターバックスにいた場合

たとえば、あなたがスターバックスにいるとする。
コーヒーを注文し、お金を払い、コーヒーを手渡してくれる女性の店員が魅力的な人だとする。

あなたが男性でその女性を魅力的だと感じたのであれば、そのコーヒーはいつも以上に価値あるものとなってしまう。

逆にそれが魅力的ではなく、むしろ嫌な印象の店員がコーヒーを手渡したのであれば、どうだろう。

前者と後者では、そのコーヒーの印象が大きく違うだろう。

飲もうとしているコーヒー自体は前者も後者も同じ。何1つ変わりはしない。でもそれを提供する店員が変わることで、その商品価値は変わってしまう。

あなたの商品の広告やサイト

あなたが広告やサイトで用いる写真(顔写真)も同じ。

そこで魅力的な人を用いることは、あなたが扱う商品やサービスの価値に強く影響を与え、価値が高まる確率が上がる。

しかも、強く伝えたいのは、これは手間がかからないということ。

確かに魅力的なモデルの写真を選ぶこと自体は手間がかかるけど、一度、決まったら、それを掲載するだけ。それだけで、ハロー効果が生まれ、商品やサービスの価値が上がる確率が高まる。

プレジデントでの印象に残った記事

2013年6月3日号のプレジデントの記事にこう書かれている。

「黙っているのに、なぜか好かれる人、なぜか嫌われる人がいるのはなぜか」

「容姿です。
同じことを話したとしても人から好かれやすい顔の人が話したほうが2割増しに聞こえます。これは、綺麗な女優が私生活も素敵な人生を歩んでいると思われがちなのと同じで、容姿が『盛る』効果です」

このように、容姿が盛る効果。

つまり魅力的な容姿が影響を与えることを伝えている。人間は容姿が全てではないし、容姿だけで全てがわかるわけではないのだけど、その容姿が人に好き嫌いを感じさせてしまう。

魅力的とは何か

ここまでで「魅力的な人の写真」を使おう、と考えた人もいると思う。
ところで魅力的というのは何か。どういうことなのだろうか。

まず、重要なのが

「魅力的な顔」

であることだ。

あなたの広告やサイトに写真を掲載する場合、全身を見せることもあるけど、何より「」の写真が用いられる。

それに僕らはまず何を見るかといえば、多くの場合、顔だ。

ではどのような顔が魅力的なのか、という話だけど、誤解してほしくないのは、

「綺麗でも、冷たそうで嫌な感じの女性もいるよね」

などという意見だ。
こうした人はここでいう「魅力的」ではない。あなたが魅力的だと思う顔の人でもない。

広告やサイトで用いるのだ。当然、多くの人に受け入れられる魅力的な顔である必要がある。

その意味で「平均的」であることが重要になってくる。
個性的ではなく平均的。そして「左右対称」であることだ(顔の右と左が同じであること)。左右が違うということは平均的から離れることになるからだ。

その他の基準としては、先ほどのダイヤモンドの記事の取材のとおり、一般的には次のようなものだろう。

魅力的な特徴

  • 美人
  • 笑顔
  • 眉間にシワを寄せない
  • 口角を上げる

魅力的でない特徴

逆に魅力を感じさせないのは、その逆だ。

  • 不美人
  • 怒り顔
  • 眉間にシワを寄せる
  • 口角を下げる

つまり、単に美人を選べばいいというわけではない。笑顔で口角が上がっている、そして平均的な(個性的ではなく)美人だ。

「美人にはなれない……」

そうあなたは思うかもしれないけど、あなたが美人になる必要はない。
上記に合致するような人をモデルにし、その写真を用いればいいだけだ。

綾瀬はるか

余談だけど、そういう意味で「綾瀬はるか」や「吉永さゆり」のような日本人にとって平均的であり、笑顔が似合う美人はやはり広告に採用しやすい人だと思う。

営業をしている人に

本題とは違うけど、営業をしている人もこの効果は意識した方がいい(顔は変えられないとしても、笑顔や口角、など)。提案する商品やサービスの価値を高めることにつながる。

まとめ

  • 魅力的な人の写真(顔写真)などを広告やサイトに用いると、商品やサービスの価値を高める確率が上がる。
  • 魅力的とは多くの人に受け入れられる平均的な人(個性的ではない人)
  • 笑顔で口角が上がっている美人など、そのような人を採用すること。

あなたへの質問

  • あなたの商品/サービスの広告やサイトには、魅力的な人(モデル)の写真を用いているだろうか。
  • その写真は多くの人に受け入れられる平均的な人(個性的ではない)だろうか。あなたの商品/サービスのターゲットに受け入れられる人だろうか。
  • 笑顔で、口角が上がっている魅力的な人の写真だろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

受講者の声抜粋

17年の経験。それだけでも気になるけど、独立して悩んでしまうようなことを解決してくれる内容に気持ちがあがります。現場で使いたくなるのは必至です。メール講座は毎日届くものではないのですが、内容の格が違うし、並のメールマガジンでは太刀打ちできません」

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしています。独立起業している人必読です。

オススメ

独立、起業で失敗したくない人
・世の中に氾濫する情報の中、間違った情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客などで成果の上がらない方法で失敗したくない人
・売るための顧客心理を知りたい人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつ専門家が厳選した情報

現場での成功事例、失敗事例などの事例とマーケティング理論や顧客心理をベースに成果を上げるための情報をご紹介します。

優先的にイベントなどの情報もお届けします。

受講者の声

「『顧客の本音がわかる9つの質問』の著者の橋本さん。顧客の本音を研究しただけあって、売るために必要な顧客心理などの話も多い。これが無料というのはおかしいんじゃないかな?時々やるシリーズものが楽しみです」

「最近の内容は以前の内容とは雲泥の差。とてもいいと思います。内容もよりいっそう使えるようになった。知り合いにもおすすめしています」

「17年の経験。それだけでも気になるけど、独立して悩んでしまうようなことを解決してくれる内容に気持ちがあがります。現場で使いたくなるのは必至です。メール講座は毎日届くものではないのですが、内容の格が違うし、並のメールマガジンでは太刀打ちできません」

「商品を販売する時の見せ方を理解できます。顧客の心理や分析、データいは感動するし、切り口などもいくつも使える要素がありました!
17年の経験だけあって、商品の見せ方、ビジネスの考え方が実践的で深く理解できますね」

「一緒に働いことあるの?って思うくらい独立起業している人間の心をわかっている内容の数々 笑 橋本さんはコンテンツを生み出すのが天職ですね。『超怠け者のシゴト術』のシリーズはいまとても気になっています」

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告