顧客の注目を集め続け、販売するための3つのステップ

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

ホンネテレビ

72時間ホンネテレビ。

2017年11月2日21時から2017年11月5日の21時まで、まさに72時間つづけてAbemaTVで生配信された番組のこと。

正式タイトルは「稲垣・草彅・香取 3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」

タイトルのとおり、元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人が生配信に挑んだものだ。

正直、僕は3人のファンというわけではなかったのだけど。親しくしている知人などがこの番組に関わっていたりしたこともあり、応援の意味もあって、放送開始直後からこの番組をチェックした。

本音をいえば、放送が始まり1時間か2時間ほど観るだけのつもりだった。

だが、実際は冒頭の2時間くらい観たところで状況が大きく変わった。2時間も番組を観ると、この3人がそれから先の72時間を乗り切ることができるのかが気になり、時間があれば気になり観ていた。

というわけで、72時間全てを観ていたわけではないけど、その3日間、かなりの時間、この番組を観ていた。

これは僕だけではない。

僕のように彼ら3人が好きなわけではないのに、『72時間ホンネテレビ』をある程度観てしまった人は僕の周りでもハマったようだった。見続けると、先が気になるように興味が高まり、興味が高まると、見続けてしまう。そうして、かなりの長時間観てしまう。

もちろん、これだけ話題になった番組でも全ての人が観るわけではない。誰もかれも「私も観ていました」とはならない。親しい知人も「私は観なかったです」と答えていた。それでもハマった人は凄い。毎日のように観てしまうのだ。

顧客の注目を集め続けるために

今回は顧客の注目を集め続けるようにするために何ができるのかについて、説明していきたい。これができると、注目を集め続けることができ、圧倒的にビジネスがやりやすくなる。

72時間ホンネテレビが終わった後、ファンでもなかった僕でも「ホンネロス」という状態になった。ホンネテレビが終わったことが寂しくなり、また、それを観たいと心から思っていた。
こんな状況に顧客になってもらう方法、それについて話していきたい。

有名人だけが「注目」を集めるわけではない

上記のような話をすると、「それは彼らが有名人だからだろう……。自分たちフツウの人はそんなことはできない」という人も少なくないはず。

でも実際にはそんなことはない。僕が支援している年商1億円を超える企業など、成功している人たちはここをうまく対処している。

それを対処することで多くの人を集め、そこから顧客にしていく。結果、大きな成果を生み出すことができるのだ。

顧客の注目を集め続ける3つのステップ

役立つことを教える

例外なくいえることは役に立つことを(ブログなどで)「教える」こと。

日記のようにダラダラと言いたいことを書いているブログなどより、圧倒的に何か役立つことを教えるブログなどがうまくいっている。

教えるといってもただ教えるわけではなく、顧客や見込み客に役に立つことを教える。それが重要になってくる。

顧客自身が心底悩んでいることについて、適切な解決策などを教えてくれる人が現れると、どうしたって、そこから逃れることはできなくなっていく(スタートは「自分の悩んでいること」なのだけど、そこから、教えてくれる「相手」にも興味がわく)。

僕自身も例外ではなく、ネット上のブログなどで面白い投稿をみつけたりすると、それをひたすらに見てしまい、継続的にハマり続けてしまう。

謎を提供する

顧客自身が「謎」をもっていれば、それはそれでベストなのだけど。

ただ、常に顧客の「謎」が明確になっているわけではないし、謎が1つしかなければ、それが解決してしまえば、一度読んでお終いになってしまう。

そのため、基本的には「教える」ことなのだけど、その上で「謎」を創り、続けて知りたくなるようにしていくことだ。

そうすることで、継続して見たくさせる。

また、物語のように「続き」があるものもある種の「謎」。続きはどうなるのかな、という謎になる。

顧客との関係が絶えず創られるように行動

教え、謎を提供し、また教えたりしていくと、次第に顧客との関係が創られる。
ただし「顧客との関係」を創るためにもすぐに教えるのをやめないことだ。

仮に短い期間で教えることをやめてしまうと、せっかく創られた関係が次第に弱まる。そのため、継続的に教えていくことだ。

読み手である顧客が毎日のように見続けることで、関係は次第に強固になっていく。

もちろん、すべての人が見るわけじゃない。これはホンネテレビと同じだ。

はじめは1人、2人と少ないかもしれない。でも続けることだ。そうすれば、確実に増えていく。

まとめ

  • 役立つことを教える
  • 謎を提供する
  • 顧客との関係が絶えず創られるように行動

あなたへの質問

顧客の注目を集め続けるために、次の質問に答えてほしい。

  • あなたは、顧客が悩んでいる問題に対し、価値があることを教えているだろうか?
  • 顧客が注目してしまうような「謎」を提供しているだろうか。
  • 顧客との関係が創られるように絶えず行動しているだろうか?

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

受講者の声抜粋

17年の経験。それだけでも気になるけど、独立して悩んでしまうようなことを解決してくれる内容に気持ちがあがります。現場で使いたくなるのは必至です。メール講座は毎日届くものではないのですが、内容の格が違うし、並のメールマガジンでは太刀打ちできません」

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしています。独立起業している人必読です。

オススメ

独立、起業で失敗したくない人
・世の中に氾濫する情報の中、間違った情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客などで成果の上がらない方法で失敗したくない人
・売るための顧客心理を知りたい人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつ専門家が厳選した情報

現場での成功事例、失敗事例などの事例とマーケティング理論や顧客心理をベースに成果を上げるための情報をご紹介します。

優先的にイベントなどの情報もお届けします。

受講者の声

「『顧客の本音がわかる9つの質問』の著者の橋本さん。顧客の本音を研究しただけあって、売るために必要な顧客心理などの話も多い。これが無料というのはおかしいんじゃないかな?時々やるシリーズものが楽しみです」

「最近の内容は以前の内容とは雲泥の差。とてもいいと思います。内容もよりいっそう使えるようになった。知り合いにもおすすめしています」

「17年の経験。それだけでも気になるけど、独立して悩んでしまうようなことを解決してくれる内容に気持ちがあがります。現場で使いたくなるのは必至です。メール講座は毎日届くものではないのですが、内容の格が違うし、並のメールマガジンでは太刀打ちできません」

「商品を販売する時の見せ方を理解できます。顧客の心理や分析、データいは感動するし、切り口などもいくつも使える要素がありました!
17年の経験だけあって、商品の見せ方、ビジネスの考え方が実践的で深く理解できますね」

「一緒に働いことあるの?って思うくらい独立起業している人間の心をわかっている内容の数々 笑 橋本さんはコンテンツを生み出すのが天職ですね。『超怠け者のシゴト術』のシリーズはいまとても気になっています」

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告