意外!大手、有名企業への売込み、営業は怖くない、たった1つの理由とは…

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

売り込みが怖いという本音

本日の午後は都内で、商品開発実践講座の説明会を行っていた。

……少し休憩をとったところで、2件ほど僕のiPhoneにメッセージが入っていた。

1件はデータの件。分析が必要な件で。重要なことだったのですぐに返事をさせていただいた。

もう1件は質問だった。

「◯◯(非常に有名企業)へ提案をしたいのですが、橋本さんは(その企業の)本部の方を知っていますか?」

◯◯には以前は知っている人がいて、それについてどこかで話したのかな、そう思いながら、返事をした。

「……以前は知っている人がいましたが、今はいませんね」

そう回答すると、相手からはやや躊躇した様子の返事が来た。

これはその方だけではないのだけど。セールスする先が大手や有名企業だと躊躇してしまうことがある。

「大手や有名企業には相手にされないんじゃないか」と。

中には大手や有名企業だと非常に多くの売り込みがあって、それを断るのが仕事なので、なかなか話を聞いてもらえない、と最初から諦めてしまう人もいる。

さて、それは真実なのだろうか。

今回は「大手、有名企業への売込み」について、お話します。

顧客側の本音は何か

色々なところで話すのですが、僕は以前10年ほど、某大手金融グループのマーケティング部の管理職をやっていて、膨大な売込みを受けていた。

その時の経験でいえば、多くの企業、営業マンから非常に多くの売込みを受けているので、売込み自体はもちろんイヤなことだといえる。

でも全てを拒否しているか、というとそうではなく、本当に「優れた商品、サービス」については、常に欲している。

マーケティング部の責任者であれば、常に売上や利益目標があるし、それを達成するために常に精神的に追い詰められている。だから、優れた広告やサービスを常に欲しているし。

バイヤーなどであっても同じ。売れる商品を常に欲している。それが自分たちの評価になるのだから。

つまり、あなたが売込みを恐れているなら、強く意識しなければならないのは、このたった1つのこと。

「優れた商品であれば、受け入れてもらえる」

とてもシンプルなことだけど、僕自身、この考えに幾度も救われた。

これは自分自身が10年間経験してきて、達した考えで。だからこそ、確信している。僕自身が大手や有名企業に提案する時に躊躇することがあっても、この考えでその不安感を乗り越えてきた。

顧問先(支援先)についてもです。

直近の話をすると、創業したばかりの企業を支援しているのだけど、そこはある優れた食品(商品)を扱っている。手に入りづらい優れた商品を。

その商品を用意したことによって、次から次へと問合せが入り、今では次から次へと大手企業とも取引がスタートしている。

これはその企業だけではない。他でも同様の事例がある。企業は常に優れた商品、サービスを欲している。

不安から脱することだ

必要以上に不安になる必要はない。優れた商品であれば、受け入れてもらえる。自信をもって、提案することだ。

そのためにはどうすればいいのか

そのために何をすればいいのか。

商品開発実践講座』を受講して、優れた商品を用意するのもいいし(ただ、現在は募集していません)。

また、目の前のことでやれることとしては、あなた自身が自分が扱っている商品のことを優れた商品、サービスだと思えるレベルにすること。

リアルの営業であれば、提案自体や提案書を優れたものとすればいいし、WEBで展開しているのであれば、その商品ページなどを優れたものとする。

まずは自分自身が「優れた商品」と考えられるレベルにすることだ。

あなたへの質問

さて、最後にあなたへの質問だ。

  • あなたは大手企業や有名企業には自分たちの商品、サービスは受け入れてもらえないと考えているだろうか。
  • (受け入れてもらえないと考えているなら)それを自分たちが優れた商品、優れたサービスと考えられるようにするためには何ができるだろうか?

優れた商品、サービスであれば、相手が大手であれ、有名であれ、不安になる必要はない。そんな不安は吹き飛ばしてしまえばいい。

sponsored link
レクタングル(大)広告