スティーブ・ジョブズ名言『コインの裏側』があなたを悟らせる

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

スティーブ・ジョブズの名言

ジョブズの名言の1つに、僕らに新たな発見をさせてくれる言葉がある。それが次のもの。

「コインには裏側がある、物事には別の見方があると分かる」
スティーブ・ジョブズ

Embed from Getty Images

解説

ジョブズはリード大学中退後、あいかわらず学費も払わず好きなクラスだけ受講し、大学の片隅でボヘミアンな生活を送る。

雪が降るとサンダルを履いたけど、基本は裸足。炭酸飲料の空きビンを拾って小銭を手に入れ、日曜日にはクリシュナ寺院で晩ご飯を食べる。

アパートを月20ドルで借り、暖房が入れられないのでダウンジャケットを着て寒さをしのぐ。そんな生活の中で、ジョブズは悟りを求め、自分の心がおもむくままに歩んでいた。

で、ここからの話だけど、あなたは嫌悪感を示すかもしれない。なので、「この話はやめておこう」とも思った。でも、ジョブズを語る上で外せないことなので書きたいと思う。

ジョブズの意識を高めた2つのもの

当時、ジョブズの意識を高めたものが2つある。

1つが禅。そして、もう1つがLSD(ドラッグ)だった。

「僕はすばらしい時代に大人への階段をのぼったと思う。禅によって、また、LSDによって意識が高められたからね」

ジョブズは歳をとってからもこう言っている。

「LSDはすごい体験だった。人生でトップクラスというほど重要な体験だった。LSDを使うとコインには裏側がある、物事には別の見方があると分かる。効果が切れたとき、覚えてはいないんだけど、でもわかるんだ。おかげで、僕にとって重要なことが確認できた。金儲けだけではなくすごいものを作ること、自分にできるかぎり、いろいろなものを歴史という流れに戻すこと、人の意識という流れに戻すこと、そうわかったのはLSDのおかげだ」

誤解しないでほしいのだけど、LSDをすすめているわけじゃない。でも、ジョブズの悟りにつながる大きな出来事がこのLSDだった。

ジョブズが悟ったコト

彼が悟ったのは「コインの裏側」。多くの人が考えていることの裏側だった。ここはわかりづらいので、彼の多くの言葉から、僕なりに解釈した説明をしたい。

彼が悟ったこと。それは多くの人が自分の強みや本質(自分の武器)を生かさず、そのために凄いものを生み出すことができず、お金のために(自分を曲げて)働いているということ。

そうじゃなく、自分の強みや本質(自分の武器)を最大限生かし、それにより凄いものを生み出す。その凄いもので歴史に貢献していく。

今、ジョブズ本人と話したら、「違うよ」と言われるかもしれないけど、そう理解している。

コインの裏側とは何か

重要なのは「コインの裏側」

これは非常に重要なことで。これだけで1日中話せる内容なので、この限られたスペースで書いても伝わりづらいかもしれないけど。

成功する人は常に少数なのだ。その少数を多数が支えるからこそ、彼らの成功は成り立っている。

たとえば、あなたの好きな成功しているアーティストを思い浮かべてほしい。1人の場合もあるし、グループの場合もあるけど、彼らは少数だ。その少数を多数のファンが支えている。

アーティストだけじゃない。少数の富裕層は多数の人々によって支えられている。(多数の人が彼らがやっているビジネスの従業員の場合もあるし、顧客の場合もある。いずれにせよ。多数が時間や労力やお金を提供している)

大成功すればするほど、その成功している人は少数になり、支える人は多数になる。この逆はない。多数を少数が支えることはできないのだ。だから、多数でいたいなら、多数の人と同じ考えと行動をとればいい。でも、成功したい人はそれではいけない。

もちろん、売上の源泉は顧客だ。多数派の顧客ことを理解しなきゃいけない。でも、彼らと全く同じ考えや行動ではなく、少数の別の考えや行動をとらなければならない。それが希少性を生み、それが差別化を生む。

ジョブズが悟ったことはこれに近いと思っている。コインの表。それは多数派が正しいと思っていること。お金のために働くこと。自分の強み(本質)を生かさないこと。すごいものを生み出すなどという夢は見ないこと。多くの人がどこかで聞いたことがあるはずだ。

でも、裏側は違う。自分の強みを最大限生かせば、凄いものを生み出す機会が生まれる。凄いものを生み出せば、それを僕たちの歴史に残すこともできる。そう考えたのだと思う。
ジョブズはこの悟りによって、少数派の道を歩むことになる。まさに歴史に凄いものを刻み込むように。

「多数」派は正しいと思われるけど、実は成功する上では「少数」派が正しい。だからこそ、世の中で言われていることの裏側を見ることだ。

周囲から、「そんなのは無理だ」と言われたとしても、自分の本質的な強みを疑うことはない。それは武器にしていけばいい。世の中でもっともらしく言われていることは常に疑ってみることだ。その裏側に大きなチャンスがあることもある。ビジネスをするのであれば、多くの人が見るコインの表ではなく、裏側を見ることだ。

あなたへの質問

  • あなたが見ているもの、考えていることはコインの表だろうか?それとも、裏だろうか?

参考:Steve Jobs The Exclusive Biography


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告