顧客とのコミュニケーションで押さえるべき3つのポイント

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

コミュニケーションで悩んでいないだろうか

顧客とのコミュニケーション。

起業や独立をしている人の中には、この点で思い悩む人もいると思う。特に営業経験がほとんどなく、専門的な技術をもつような人が独立起業をすると、その傾向が高まる。

一体、どのように顧客対応するのが正解か、悩んでいる人は少なくないと思う。

(この『起業マーケティング』ではよく書いているように)僕は独立前の会社員時代はクライアント(顧客)側の立場にもいた。

マーケティング部の管理職で決裁権者(発注者)でもあったので、非常に多くの営業マンから売り込みを受ける立場にあった。

つまり、顧客(決裁権者)として「買う」側にいたのだけど。その一方で、マーケティング部は「売る」ことを考える部署なので「買う」側と「売る」側の同時に携わっていたことになる。

この両方を経験することで様々なことが見えてきた。

通常はこうした相反する立場の経験はなかなかできない。一方向だけなのだ。

たとえば、世の営業の本などは、営業として「売る」側の視点で語られている。本の中には「顧客はこういうものだからこうすべき……」などと書いてあったりするけど、実際に顧客の立場に立たないと見えてこないことがある。

そうした本にたとえば、「自分を認めてもらうことが重要」などと書いてあるとしよう。さて、これは正しいのだろうか。

実際、もっともらしいことが本当のところはどうなのかがわからず、変に勘違いしてしまう人たちは結構多い。

現在、クライアント企業の社員研修などを実施させていただく時にも感じることなので。今回は「顧客とのコミュニケーションで押さえるべき3つのポイント」について話していきたい。

僕の経験に基づいた話なので、僕固有のことではあるのだけど、同様にクライアント(顧客)側の意見をリサーチしたり、ヒアリングしたりもしているので、それも合わせて話をしていきたいと思う。

もし、あなたが今回の話と違うコミュニケーションをとっているなら、今後のコミュニケーションの参考にしてほしい。きっと、何らかの参考になるはず。

それでは本題に入りたい。

前提

対象としては起業家やフリーランスの方だけでなく、営業、マーケターの方などにもきっと参考になるだろうと思う。

顧客とのコミュニケーションで押さえるべき3つのポイント

最終的なゴールを意識する

営業の人たちなど、売り込む人たちを色々見たり、研修をしたりする中で「間違っている気がする……」と感じるのは、ゴールが見えていないこと。

顧客との関係をどのような状態にするのが最終ゴールなのか。それを意識することはとても重要。

最終ゴールといわれても、一体、どういう意味なのか、と考えてしまうかもしれないけど、これは営業の人たちに聞いてみると、大抵同じだ。

「うまくいっている顧客とはどのような関係なのか?」と聞くと、その答えがでてくる。

ほぼ「親しい関係」という言葉が出てくる。これだと、少し曖昧に聞こえるかもしれないけど、親しい人との関係のようになること。これが理想なのだ。ここを明確にすると、次のことは当然理解できるはず。

自分を高く見せすぎないこと

自分を高く見せすぎてはいけない。

ここを勘違いしている人が時々いるのだけど……。「『凄い自分』を見せれば、うまくいく」と考えている人がいる。

確かに心理的な面についていうと、「権威」は効果があるものの1つなのだけど。その「権威」は自然なものである必要がある。

無理な格式ばった言葉やプレゼン、堅苦しい礼儀など。
堅苦しくなればなるほど、先程のゴールと違う方向に進んでしまう。
親しい関係ではなく、壁がある関係になっていく。

専門家やプロフェッショナルに見せようと、頑張ってしまう気持ちはわかる。でも高度なことを伝えるにしても、自然体で(やさしい言葉で)伝えることが重要になってくる。

正直であること

一言でいえば、嘘をつかないことだ。

たとえば、顧客が話す言葉でわからないことがあったとしよう。あなたなら、どうするか。
「知らないと思われるのが嫌だ」と思い、知ったかぶりをするのだろうか。

そうではなく、聞いてしまうことだ。知ったかぶりをして、自分は何でも知っているフリをする必要はない。そんなフリをするまでもなく、知っているフリは相手にすぐに伝わってしまい、バレる。なら、いっそ「わからないので、教えてください」の方がはるかに印象がいい。

親しい人との関係がゴールだ。知らないことも聞けないような関係は親しい関係とはいえない。遠慮なく聞いてしまうことだ。

これは会話だけではなく。メールやメッセージのやりとりでも同じだ。変に堅苦しくしないこと。親しい人との会話のように、会話調で話していくことだ。

まとめ

  • 最終的なゴールを意識する。
  • 自分を高く見せすぎないこと。
  • 正直であること。

あなたへの質問

  • あなたは顧客との関係の最終的なゴールを意識しているだろうか。どんな関係が最終的なゴールだろうか。
  • 必要以上に自分を高く見せていないだろうか。
  • 正直であり続けているだろうか。知らないことを聞いているだろうか。間違いを認めているだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告