優れた経営者は仕事で「何」を大切にしているのか

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

都内のお店

都内にある居心地の良い店。

そこで、19時から、上場を目指されている、優秀な経営者の方お二人と食事をご一緒させていただいた。

話は多岐に渡りました。

「スピード(レスポンス)」が重要という話になったり、したのだけど。

そこで「仁義」がやはり、重要だという話がでてきました。

「仁義が重要なんですよ。やっぱり」

知識や技術。テクニック的なことももちろん、重要なのだけど、それでも基本は「仁義」だと。

仁義と五常

帰宅後。

既に深夜1時頃になっていたのだけど、改めて「仁義」。そして、儒教の「五常(五徳)」を確認していました。

「仁義」と「五常(五徳)」は実は関係があります。

そして、儒教は「孔子」を始祖とする思考(信仰)の体系です。

孔子

孔子とは釈迦、キリストと並んで世界の三聖人と言われる人物。

生まれたのは紀元前552年頃。

およそ2500年前の中国です。

当時は周王朝が滅亡し、乱世である春秋戦国時代にあり、乱世に人はいかに生きるべきか、その「乱世を生きる知恵」を求めたわけです。

そして、その乱世の中を生き抜く指針として、儒教の神髄『論語』を作りあげました。

有名な『論語』は孔子の弟子たちが彼の死後、その教えを編み上げた言語録だったわけです。

仁義

その儒教には「五常(五徳)」というのがあります。

「五常(五徳)」とは仁・義・礼・智・信。仁義はその最初の2つ「仁」「義」から来ていると言われています。

この五徳が本当に深い。

  • 」人を思いやること。
  • 」利欲にとらわれず、なすべきことをなす。
  • 」人を思いやる、具体的な行動。礼儀
  • 」学問に励み、正しい判断が下せる能力
  • 」信頼、信用、正直。約束を守り、誠実であること。

最も重要なのは…

孔子が最も重視していたのは……

「人を思いやる」。そこから全てが始まります。

最後にもう一つ…

最後に孔子の心に響く言葉をお届けします。

自分自身に対する誠実さ他人に対する優しさ、すべてはこの二つに包括される。

sponsored link
レクタングル(大)広告