起業で成果が出ない時期を乗り切る3つの方法「継続が難しい場合は」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

起業家には長期間、成果があがらない時期がある

起業したり独立して、新たなビジネスを立ち上げた場合。スタート段階はかなり厳しい状況に陥ることもある。

「一体、どうしたら、うまくいくのだろう」と途方にくれることだってあるだろう。

先日、国立新美術館に建築家の安藤忠雄展を観に行ったのだけど。あの日本を代表する安藤さんでさえ、建築家としてスタートした時のことをこう語っている。

「最初は誰も相手にしてくれませんでした。社会が認めてくれない。事務所を開いても仕事がない。『今月は生きていけるだろうか?』という、常に追い込まれた状態の中で仕事を続けてきました。しかし、その経験をしたことで、多少のことでは動じない平常心を身に着けることができました」

認めてくれない。仕事がない。そんなうまくいかない状況の中、仕事を続けた。

「建築家と起業家は違うから」と言う人もいるかもしれないけど。僕が支援してきた起業家の方らを見ていても、やはりスタート段階は甘くはない。

起業家でいえば、サイバーエージェントの藤田社長も創業時をこう語っている。

「僕は起業した当初は、言葉は悪いですが悪魔に魂を売ってでも会社を潰してはいけないという覚悟でやっていました」

「私は1週間で110時間働くとメンバーに宣言。平日は朝9時から深夜の2時まで、土日は12時間ずつ働くわけです。創業したての頃は、意外と仕事がなくて暇でした」

悪魔に魂を売ってでも、と頑張り、1週間で110時間働くと宣言していても、仕事がなくて暇だった。

かなりの期間、成果という成果、仕事という仕事がないことだってある。

もし、あなたがその状況なら、長期間、成果が上がらない状況にモチベーションがなくなり、燃え尽きることもある。本来は真剣に頑張らないといけない時期なのに、そうなってしまう。

この気持ちは長期間、うまくいっていない人は思い当たるフシもあると思う。

これはかなり深刻な問題で。ここでダメになる人も少なくない。逆にいえば、この状況を乗り切ることができれば、かなり骨太な起業家になれる。

今回の問題はまさにそこ。長期間、成果がでない時期をいかに乗り越えるか、だ。

成果があがらない時期を乗り切る3つの方法

成功が必要だということを認識する

様々な起業家を見ていると、問題は、起業家自身がタフでないということより、その当人が長期間「成果がでていない」と考えていることの方が大きい。

人間はそれほど強くない。いつまでも成果があがらないと「このビジネスは本当に成果があがるんだろうか。ゴールがあるんだろうか」と不安になる。

最初の1ヶ月、2ヶ月ならいいけど。それが延々続き、半年、1年となってくると、モチベーションもやる気も失われてしまう。

そうした状況に対して、「自分は継続力がなくて情けない」とか「情熱が足りない」などと考えるかもしれない。

でも、そうではない。長期間、継続するには「成功」が不可欠なのだ。ただ、最終的な成功ではなく、次の成功を意識する。

小さな成功を達成していく

大きな目標を実現するには、それらを小さく分解し、実現していく必要があるのだけど。

そうした小さな目標を達成したら、その一つひとつに成功(手応え)を感じるようにしていく。

最終的な大きな目標を実現していなくとも、そこに行き着く一歩一歩は着実にゴールに向かっている。

一歩成し遂げ、また一歩を成し遂げ、そうして次々に目標を達成すれば、リズムがつき、弾みもでてくる。徐々に情熱も高まってくる。

先ほど触れたように、やる気がなくなるのは長期間、成果が出ないことだ。そのため、小さな成果を実現すれば、そこが防げるようになってくる。

小さな成功については、自分自身が「成功」だと思える内容。良いニュースとして発信できるような内容だと理想的だ。

小さな成功を長期間実現できない場合はさらに小さく

もし、小さな目標にしても、長期間実現できない場合は、その小さな目標をさらに小さくし、比較的短期に小さな成功(勝利)を経験し、情熱が生まれるようにする。

毎週がムリでも、隔週などの短期のうちに、小さな勝利を経験すると、ビジネスへの情熱が続くし、顧客にもその情熱を向けたモノを届けられるようになる。

今回のことでリズムがついてくれば、情熱が続き、ビジネスの実現スピードも高まってくる。

まとめ

長期間、成果が出ない時期を乗り越えるためには次の3つがポイントとなる。

  • 成功が必要だということを認識する
  • 小さな成功を達成していく
  • 小さな成功を長期間実現できない場合はさらに小さく

あなたへの質問

もし、今、長期間成果が出ていない状況だったら、次の質問に答えてほしい。

  • あなたは物事を続けるには成功が必要だということを認識しているだろうか。もし、認識していない場合は上記をもう一度読んでほしい。
  • あなたは小さな成功を達成しているだろうか。小さな成功を長期間実現できない場合はさらに小さな目標を設定し、実現するようにしてほしい。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告