独立起業している人たちの「大きな売上」を失う「小さなミス」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

ホームランを打とうとする…

起業家の方と話をしていると、本当によく聞くのが……。

「ホームランを打とうとしてしまうんですよね」

という言葉をよく耳にする。

これは独立起業している人たち全てとまではいかないのだけど、非常に多い(実際にそれを口にするかどうかはともかく、そのような行動をよく目にする)。

どうしても大きな勝負に出てしまうということだ。ホームランのように、大きな勝負に出ようとする。

僕が(マーケティングの)支援をしている企業の中にもそうした企業はいくつかあって、そうした時は失礼がないように「ホームラン狙いは気をつけた方がいいです」とお話する。

ただ、この「大きな勝負に出ようとする」傾向はやむをえないところもある。
そもそも、独立起業をしている人たちの多くは守られた地位(会社員)を捨て勝負に出て、自分の人生、資金をもかけて勝負している。

ただ、その大きな勝負に出ようとする傾向が命取りにつながってしまうこともある。

今回は『独立起業している人たちの「大きな売上」を失う「小さなミス』について、話していきたい。

独立起業している人たちの「大きな売上」を失う「小さなミス」

小さなミスに目を向ける

ホームランなど大きな勝負にでようとしてしまいがちだけど、僕が見る限り、小さなエラー(ミス/間違い)で大きな取りこぼしをしていることが少なくない。

小さなエラーというと、その「小さな」という言葉が効果まで小さく感じさせてしまうのだけど、実際には違う。

WEBマーケティングをしていると実感できるのだけど、購入ボタンの文字や入力フォームまわりなどのほんの些細なコピーなどを変更しただけでも、成約率が1.5倍になったりするケースだってある。

「一発、でかい当たりを狙ってやる」というホームラン狙いも悪いわけではないのだけど、小さなことでミスをなくすことも非常に有効なのだ。

基本を押さえる

では、どこでミスしてはいけないのか。

言葉にすると、当然なのだけど、ミスしてはいけない「基本」でミスをしないこと。

ホームランではなく、もっと基本的なところ。そうしたところでエラー、失敗をしないようにする。

特にミスの中でも問題になるのが、次の段階に進むのを食い止めるような「ボトルネック」になる問題。それらに特に注意すること。

ボトルネック:これは本来、製造業で使われる言葉なのだけど。

たとえば、製造業では生産プロセスの複数の工程のうち、スピードが遅く全体の生産効率の低下をもたらしている工程のことを「ボトルネック」と呼ぶ。

そのためにはここで絶対にミスをしてはいけない「基本」とは何なのか。考えてほしい。

Webマーケティングでも同じで。「ここにミスがあると致命傷だ」という点がある。そうした基本を押さえていく(くれぐれも細かくなりすぎないように)。

たとえば、ランディングページであれば、ランディングページで絶対にミスしてはいけない基本は何か。まずそれを押さえ、意識する。これだけでも随分と変わる。

基本全てでミスを犯していないかをチェックする

基本を押さえたら、簡単だ。それら全てでミスを犯していないかをチェックする。

ここはあなたのビジネス、状況によるのだけど。

たとえば、新商品や新サービスを発売するのであれば、成果がもっとも上がるのは広告などより既存客への案内(連絡)。

つまり、既存のお客さんへの案内は徹底しているか、とか。(顧客のニーズの変動するので)発売後、定期的に連絡するようにしている、など聞けば、当然のこと。

ちなみにこうしたところを比較的確実に進めるのが大手。ベンチャーはこうしたところが変に弱かったりする。やるぞーという時はやるんだけど、続かなかったりと。

連絡方法も、きちんと伝えず、メールで軽く送っただけで伝えた気になっているなどそうしたケースがある。

こうした間違ってはいけない基本の要素でミスを犯していないかをチェックしていくこと。特にそれらが原因で売上が伸びていかない時はそこを改善することで成果が変わってくる。

英国の思想家カーライルが語ったように

「失敗の最たるものは、失敗したことを自覚しないことである」

ミスをミスだと思わず、失敗を失敗だと思わず、それを放置しておけば、ずっとそれがブレーキになり、顧客の反応率は上がらず、売上が上がらないことだってある。そこをきちんと押さえていくことだ。

ここ重要
大きな成果ばかり狙って、小さなミスをいくつもしていることがあります。それらがボトルネックになっている場合、売上はなかなか上がらない状況に陥ります。ミスをなくしていくことです。基本的なことですが、バカにできないです。

まとめ

  • 小さなミスに目を向ける
  • 基本を押さえる
  • 基本全てでミスを犯していないかをチェックする。

あなたへの質問

  • あなたはホームランを打とうとしすぎて、小さなミスに目を受けていないのではないだろうか。
  • あなたはミスをしてはいけない基本を押さえているだろうか。
  • あなたは基本全てでミスを犯していないだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告