もう迷わない!成果が上がるプラン(アイデア)を見抜く2つの技術

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

アイデアを成果につなげているだろうか

シャワーを浴びている時などにアイデアが浮かんだり。移動中に「あっ」とアイデアが浮かんだりと。アイデアが浮かぶタイミングは色々ある。

アイデア自体は素晴らしいもの。

そのアイデアがビジネス全体を変えてしまうような大きな変革をもたらすプランかもしれないのだし。素晴らしいのは間違いない。ただ問題がある。

あなたが起業家で時間や労力、資金的にも制約があるならば、思いつくアイデア全てをやるなんてことはできない。

5つアイデア(プラン)が浮かんだとして、せいぜいやれることは2つかもしれない。
そうなると、3つは削り、残り2つの展開を考えていくことになるかもしれない。

でも、実際にはそんなにスムースにはいかず、色々と思いつくけど、「無理かな」「成功するのかな」と自信をもてず、決断もせず、結局、時間ばかりが経ち、進まないというケースが意外にある。

あなたはどうだろうか。今回はそんな人のために「もう迷わない!成果が上がる『アイデア』を見抜く2つの技術」という話をしていきたい。

では、本題に入っていきたい。

成果が上がる「アイデア」を見抜く2つの技術

3つの視点で考える

成果が上がるアイデアを見抜くための第1の技術。
それは1つひとつの選択肢を3つの視点で考えること。3つの視点とは……、

  • 成果が上がる
  • 成果が上がらない
  • 成果が上がるかどうかわからない

この3つだ。

あなた(たち)が取り組もうとする複数のプランは何のためにやるのだろう。
きっと、何らかの「成果」のためだろう。売上だったり、成約率を高めることだったり。そうした成果がゴールならば、それらを軸にして、成果が上がる、上がらない、上がるかどうかわからない、の3つの視点でチェックしていく。

これは1つひとつのアイデア(プラン)をただ「これは成果が上がるな」「上がらないな」「上がるかわからないな」と考えるということではない。

ここで重要なのは1つひとつのアイデアを分解し、「(その分解した)要素」を3つの視点で見ていくということ。

具体的にいえば、たとえば、LP(ランディングページ:商品などの販売ページ)のプランが3つあるしよう。

  • プラン1:LP A
  • プラン2:LP B
  • プラン3:LP C

このうちのプラン1、LP Aで説明するなら、それを分解した要素で見ていく。

LP全体ではなく、見出しだったり、各ブロックだったり……という感じで各要素で見ていく。

見出しのコピーが(過去に)成果があがった実績などがあれば、「成果が上がる」と判断する。その次のブロックなどの要素は上がるかわからないものだったら、「成果が上がるかどうかわからない」と判断。その次は……という感じで1つひとつの分解した要素(情報)を「成果が上がるか」「上がらないか」「わからないのか」という軸で判断していく。

そうして全ての選択肢の各要素をチェックし、総合的に判断し、最も成果が上がると考えるものを優先的に展開する。シンプルにいえば、そういうことになる。

ここでよくある間違いは1つひとつを「全体」として判断してしまうこと。「LP Aはどうかな」という感じで全体で見てしまう。

実際にはLP Aの要素1つひとつで見ると、(LP Aの中にも)優れた要素とそうでない要素がある。そうしたものを1つひとつ判断することで論理的に正解を導き出すことができる(場合によってはその他のプランから優れた要素を反映させることだってできる)。

また、成果が上がるというプラスの要素と、成果が上がらないというマイナスの要素。その両面から適確に見ることが可能。

こうしていくことで正解率を格段に高めることはできる。

ただ、それでも絶対ではない。ある程度、優先順位が高いプラン(アイデア)に絞り込んだら、やってほしいのが、次のこと。

実際にやる

絞り込んだ後にやってほしいのが「実際にやる」ということ。
かつて、経営の神様、松下幸之助が次のように話していた。

「ある時会社で社員が集まってさかんに議論している。どうしたのかと尋ねると、『この製品を新しく発売するのですが、これが売れるかどうか検討しているのです』と言う。
そこで私は『それはさぐるより仕方がないのではないか。売れるか売れないかを、ある程度議論することは必要だが、ある程度以上は議論してみてもはじまらない。あとは“当たってくだけろ”だ。それは買ってくれる人に尋ねるより仕方ないのではないか』と言ったのである。
ある程度考えた後は、勇気を持ってやる。そういうことが商売だけでなく政治にも、その他あらゆる日常生活の分野においても、ときに必要だと思うのである」
引用:松下幸之助 一日一話

ある程度、絞り込んだら、勇気をもってやる。

ただし、ここでただやればいいわけではない。
オススメなのはABテスト(「スプリット」とも言う)。
これは2つのプランを同時に展開すること。

ABテストと「テスト」とついているけど、実際の顧客に展開し、その実際の反応を見て、決めるということだ。

こうすることで、成果の上がるプランを見出すことが可能になる。ここまでやって成果が出るとわかったら、それを本格的に展開すればいいだけだ。

問題点

ここで1つ補足だけど、問題がある。

「実際に展開するなら、それほどプランを考え抜いたりする必要はないのでは……。最初からただABテストをすればいいのに」とあなたは考えるかもしれない。

でも、ここは成果が上がりそうなプランを比較するからこそ、意味がある。いまひとつのプラン同士を比較しても、そこで導き出される結果(答え)もいまひとつのプランでしかない。

成果が上がるプランを考え抜くプロセスを経たもので、ABテストで比較することだ。そうすることで成果が上がる確率が高いプラン(アイデア)を手にすることができる。

まとめ

  • 3つの視点で考え、成果が上がるプラン(アイデア)を選び抜く
  • 実際にやる

あなたへの質問

  • あなたは成果が上がるプラン(アイデア)をどのように選択しているだろうか。
  • ABテストを展開しているだろうか。それは成果が上がるプラン(アイデア)で比較しているのだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告