北野武が映画づくりでこだわる奇数とは「奇数には凄まじい力がある」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

北野武が映画づくりでこだわっている『奇数』

Embed from Getty Images

北野武が映画を創る時にこだわっているのが「奇数」だという。

テレビ東京の『たけしのよくできてるTV』、2017年10月1日放送でのことだった。そこで北野武はこう語った。

「それぞれのカットは奇数秒になっている。カットが偶数秒だと気持ち悪くなったりするんだ」

この言葉は事実なのか、と番組スタッフが北野武の作品『座頭市』の全カットの秒数を一つひとつ調べた。

すると、恐ろしいことにまさにそのとおりで。それぞれのカット(シーン)は1秒だったり、5秒だったり、7秒だったり、23秒だった。

しかも番組で紹介されたカットの合計も55秒と奇数。まさに「それぞれのカットは奇数秒になっている」という北野武の言葉どおりだった。

日本人の歴史に根づく奇数

ただ、気になったのは「日本人の歴史、生活」についてのことだった。そこに奇数が根づいているというのだ。

確かに、日本人が美しいと感じるモノ、素晴らしいモノには奇数が数多く存在する。

・俳句の五七五 ・七五三 ・三三九度 ・三三七拍子 ・七夕 ・一本締め ・七福神 ・七草粥 ・1月1日(正月) ・五節句 ・ご祝儀の額

こうして見てみると、美しいこと、めでたいことなどにはたしかに奇数が数多く存在する。日本人の歴史や習慣の中に奇数を好む性質が存在するのは確かだろう。

北野武の奇数に対する考え

奇数について、北野武はこう語っていた。

「五七五というのは全部足すと17なんですよ。で、5は素数なんですよ。1と5でしか割れない数字。素数というのは他のものでは割れないから、その5つの文字で完成形なんですよ。7も完成形なんですよ。 (俳句などの)日本の言葉の素晴らしい言葉は素数の中に入って、他の言葉では変えられないという凄い法則があるんですよ」

過去の経験でも同様

僕自身も様々な企業の商品開発の仕事に携わる際、商品にプランを用意する時はやはり奇数のプラン数が「オススメ」だと伝えている。

1プラン、3プランなどの奇数。 5プランなどもあるけど、5つは少し多すぎてしまう感じがする。もちろん、その商品やサービスによっても違うのだけど。

書籍タイトル

僕自身の書籍のタイトルも奇数が多い。

これは自分の考えをバラしているようで、イヤな感じもするのだけど。次のような感じ。増刷したり、それなりに売れたのは奇数の効果もあるとは思う(ホント、宣伝みたいだけど 笑)。

『顧客の「本音」がわかる9つの質問』

『世界を変える「自分」になる19の法則』

など、圧倒的に奇数で。

これが「顧客の「本音」がわかる10の質問」や「世界を変える「自分」になる20の法則」などだとやはり、どこか気持ち悪い。

日本人の歴史上、古来から奇数が美しいと感じる感性があるというのは事実だろう。

あなたのビジネスの商品プラン、提案書でプランを提示する時などに奇数を用いることを意識してみるのも良いと思う(もちろん、どうしても偶数になってしまうことはやむを得ないだろうけど)。

特に1プラン、3プランは過去の実績を見ていても、優れている。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告