仕事が劇的に早くなり、成果が高まる!「仕事の順番」の3つの条件

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

頑張ってるのに成果がでない人

1日中働いているのに、成果がでない人がいる。

でも、どれだけ働いても成果がでなければ、意味がない。「成果はでていないけど、仕事は頑張ってるよね」などと誰もそのことを慰めたりはしてくれない。

特に独立起業している人の場合。人にそんな風に言われるより、売上や利益を上げたいだろうし、成果がほしいはず。

今回、ご紹介するのはまさに成果を上げる方法なのだけど。特に「仕事の順番」について説明していく。これを押さえることで、仕事は格段に早くなり、成果も高まるようになっていく。

「仕事の順番を変えるだけでそんなに変わるわけない」と思うかもしれないけど。順番を変えるだけで、同じことをやっていても、成果は変わる。

少し具体的に話そう。

まず、1日目はAからEまでの仕事を順々にやってみる。

そして、次の日はAからEまでの仕事をある方法でやってみる。すると、仕事の成果が全く変わってくる。

「それは違う仕事だったんじゃないの?」などと思うかもしれないけど。1日目も2日目もAからEは同じ内容の仕事。だけど、その順番を変えるだけで成果が変わる。

今回はまさにその話、「仕事が劇的に早くなり、成果が高まる!『仕事の順番』3つの条件」という話をしていきたい。

仕事が劇的に早くなり、成果が高まる!『仕事の順番』3つの条件

重要なものから取り組むのが基本

まずは基本。これは他の記事でも幾度か説明したことがあるものだけど、重要度が高いものから、取り組む。

ここでは緊急性の高いものより、重要度を優先させる。もちろん、約束の期限などには間に合わせる必要があるのだけど。まずは「重要度」の高いものから仕事をしていくことが基本になってくる。

重要度の高いものから取り組んでいれば、仮に1日の仕事全てが終わらなくても、途中で終わってしまっても、重要な仕事を着実に処理し、進めていくことができるようになる。これだけでも成果につながっていく。

これについては、下記の記事でも説明している。

関連記事:成果が上がるタイムスケジュールの5つの条件

経験曲線を意識する

経験曲線というのは、生産量が多くなればなるほど、その生産などに関わるコストが下がることを言う。

もう少しわかりやすくいうと、たとえば、同じ作業を続ければ続けるほど、その作業に慣れていき、習熟率が高まり、一つひとつの作業が効率的になっていく。

これは脳の働きとしてもそうだし、慣れという面でもそう。

同じことはまとめてやった方が早くなる。

なので、A、B、C、D、Eという仕事があったとして、BとEが同じような仕事であれば、それらの仕事はまとめた方が生産性は格段に高まる。

Bが「A社への提案書」の作成で、Eが「B社への提案書」への作成だったりする場合だ。(提案書作成などの)同様の作業は一気にやると、自然に作業が進むし、一度取り組んだことが次に応用できたりもする。

一つひとつを分離し、何度も最初から取り組むのとはワケが違う。時間も生産性も成果も変わってくる。

経験曲線でグルーピング化した仕事を、死守すべき順に取り組む

先ほど、「重要なものから取り組むのが基本」という話をしたけど。それを経験曲線でグルーピング化した仕事で見ていく。

どういうことかというと、たとえば、経験曲線でグルーピング化すると、A、B、C、D、Eの仕事はAとC。BとE。Dという3つのグループになったとする。

  • AとC
  • BとE
  • D

この3つのグループを成果が上がる視点などから、重要度順に取り組む。

特に意識してほしいのは「死守すべき仕事」。重要度の高い仕事の中で、その日に絶対に死守したい(何が何でもやっておきたい)仕事は何かを考え、それをまずやっておくということ。

それをやっておけば、仮に死守すべき問題以外がその日にできなくても、最低限の成果は押さえられるようになる。

死守すべき問題が「BとE」で。次に重要度の高い順が次のとおりであれば……。

  • BとE
  • AとC
  • D

BとEのをまずやってしまう。これだけでも「今日1日で絶対にやるべきことはやった」という気持ちになるし。その後に重要度の高いものを余裕をもってやるだけでいい。

このように同じ内容の仕事でもその順番を変えるだけで成果が変わってくる。

まとめ

  • 重要なものから取り組むのが基本
  • 経験曲線を意識する
  • 経験曲線でグルーピング化した仕事を、死守すべき順に取り組む

あなたへの質問

  • あなたは経験曲線を意識し、類似の仕事をグルーピング化しているだろうか。
  • そうしたグループを死守すべき順、重要な順に取り組んでいるだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告