【超重要】無名起業家のビジネス創造の3つのステップ

シェアする

僕は起業家の方のマーケティングの支援をしているのですが、関わらせていただいたケースではほとんどのケースで高い成果を上げています(こう書くと胡散臭くなるので、言いたくないのですが……)。でも、本当です。

独立した当初から、僕自身が年商2000万円は超えていましたし、支援した企業の中には、創業初年度で年商1億を超えるような企業もあります。

さらに次年度に週の売上が1000万円を超えている企業もあるので、本当に加速しているような気がします。

speedometer-653246_1920

sponsored link
レクタングル(大)広告

非常識な成果を上げる3つの基本

「一体何をやって、そんなことを実現しているのですか?」

そのように質問を受けそうですが……、意識している要素は様々です。ですが、特に意識している基本は次の3つです。

  • 希少化
  • シンプル化
  • 自動化

この3つです。

手に入らない希少性

ここは「差別化」が重要だとよく勘違いする人がいます。ですが、重要なのは「差別化」ではないのです。

差別化というのは「ライバル(競合)」との差別化です。

競合A、B、Cの3社が競合だとして、そのAやBやCとの差別化を図るということです。でも、これではうまくいきません。

実際には顧客がそれら競合A、B、Cを見ているかどうかはわからないからです。見るだけでなく、何と比べているかもわかりません。

自分たちからすると、どうしても業界の中や、似たような競合と比較されていると考えてしまうのですが、実際には顧客が何と比較しているのかはわかりません。

たとえば、あなたがコーチで他のコーチAと比較していると考えているとしても、実際にはコーチBと比較されているかもしれないし。いえ、コーチングの書籍と比較されている可能性だってあるわけです。

顧客が比較する対象を完璧に把握できればいいのですが、そう甘くはないわけです。

balance-1372677_1280

差別化ではなく、希少性

そのため、差別化ではなく、希少化が重要になってきます。顧客にとって、希少性の高いモノ。つまり、手に入りづらいものだということです。

たとえば、目の前に川が流れていて、向こう岸に行きたいとします。でも、川幅もあり、流れも激しい。なのに、そこには「橋」がない。

そんな状況で「」を提供するイメージ。それこそ、希少性です。

kazura-bridge-1185992_1280

ライバルと比べてどうとかではなく、「希少性の高い」ものを提供するわけです。実際、これを実現できれば、非常に高額な価格を設定できます。極めて、高額な価格を、です。

シンプルに自動化を実現

その「希少化」で訴求し、集客からクロージングまでのステップを次の2つを意識して創りあげます。

  • 集客のシンプル化
  • 集客の自動化

集客のシンプル化

まず、集客をシンプルにしていきます。徹底的に、です。

無名の起業家は大手企業などとは違います。資金も時間も労力も限られています。そんなに複雑なことをする余裕がないわけです。

複雑なことをやればやるほど、資金も時間も労力もその分、必要になっていくわけです。そのため、そのステップを最大限シンプルにしていきます。

冒頭で話した創業2年目で週の売上が1000万円を超えた起業家は、まさにここに力を入れています。「より小さく、より小さく」が口グセになるくらい、シンプルなステップにしていき、ムダなステップを省いています。

最終的な目標(たとえば、売上)に必要ないものであれば、それは不要なわけです。

stones-1269701_640

集客の自動化

さらに、自動化です。

100%自動でなくても構わないですが、できるかぎり自動化させます。あなたがビジネスに1人で取り組んでいたとして、何かで外出していたとしたら、通常であれば、そこで止まってしまうわけです。従業員が他にいたとしても、何かがあれば、止まってしまう。

そうしたことがないよう、ビジネスが自動的に動くようにしていくわけです。

gear-403502_1280

早く反応すれば、その分、成果を上げる確率が高まり、顧客の満足度も高まるわけです。できる限り、自動化を実現させるわけです。

まとめ

  • 希少化(商品/ビジネス)
  • シンプル化(集客)
  • 自動化(集客)

3つによって、ビジネスを強力なものにしていきます。この3つを意識することで、随分とビジネスがシンプルに、そして強固になるわけです。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告