「自分の人間関係って何なのか」を考えると大きく変わります

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

銀座での夜

昨夜のことだ。銀座で3人で飲んでいた。

1人は以前、仕事を協力してもらっていた人。

もう1人は一緒に仕事をしたことがある人。

今、その2人と仕事をしていないけど、いつか何かでまた仕事をしてみたい。そう思えるくらい、魅力的な2人です。

その2人に僕、の3人で飲んでいた。

冒頭はiPhoneについても他愛もない話だったのだけど、そこから仕事の話や組織の話。プライベートの話など会話は盛り上がり、気がついたら、3時を超えていた。

19時にスタートしたので、実に8時間。

一瞬のうちに時間が過ぎ去った、とてもいい時間だった。

特に記憶している言葉

そこでの話はどれも楽しかったのだけど、話の中で強く印象に残っているものがある。

「一生付き合っていくと思う」

そんな話をしていたのだけど。まさにそう思える2人だった。

特に僕は自分をよく見せるタイプではないけど……。それでも感じるくらい、裏表なく本音で話せる。

本当にありがたい関係だと思う。

人生の中での人間関係

落ち着いて考えてみると、人生の中での人間関係というのはとても不思議だと思う。

photo-montage-1768409_640

人生の中では多くの人と出逢う。

その中の多くの人とは続かないのに、ずっと続く人もいる。

なぜ、この3人は続くのか……。

不思議でならない。

ありがたいことに僕にはそういう仲間や人が多い。そして、その人たちに助けられている。

(「チーム橋本」という、僕を囲む会などもあるのですが、本当にありがたいと思う)

周りの人もそうだし。

仲間もそうだし。

お客さまもそうだし。

仕事関係の人たちもそう。

最近はその出会いさえも偶然とは思えない。

何かの力があるとしか思えない。

綺麗事にしか思われないかもしれないけど。そうした関係を本当に大切にしていきたいと思う。

まずはその「関係」にふさわしい人間にならないと、と最近強く考えている。

強く意識していること

そのために最近、意識しているのが儒教の「五常(五徳)」。

五常(五徳)」とは仁・義・礼・智・信。

  • 「仁」人を思いやること。
  • 「義」利欲にとらわれず、なすべきことをなす。
  • 「礼」人を思いやる、具体的な行動。礼儀
  • 「智」学問に励み、正しい判断が下せる能力
  • 「信」信頼、信用、正直。約束を守り、誠実であること。

特に最初の2つ。「仁」「義」。この2つを意識していきたいと考えています。

sponsored link
レクタングル(大)広告