田中角栄の「人に好かれる方法」とは!?知っておくべき2つのこと

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

田中角栄が注目されている…

姉妹サイトとして運営している、モチベーションの上がるメディア『MOTIV(モティブ)』で人気がある記事の1つが田中角栄の記事。

『田中角栄:モチベーションの上がる名言125選』

田中角栄の名言を扱っている記事で。2017年9月18日現在、Googleで「田中角栄、名言」と検索すると現在は2位。1位から3位の間には常に入っていて、既に1万人を超える人たちに読まれている。

Googleで検索すると、こんな感じ。

現在は2位。これが1位になったり、3位になったりしている。

いずれにしても、人気なのだけど。

記事にはタイトルのとおり125もの名言があり、中でも僕が最近気に入っている名言が田中角栄が「人に好かれる方法」について語っている言葉。

あの田中角栄が「人に好かれる方法」を述べているのだから、とても参考になる。

今回はそれをご紹介したい。

Embed from Getty Images

「田中角栄って言われても……」とピンと来ない人に

田中角栄のことをよく知らない人には、「人に好かれる方法」の前に、例の石原慎太郎が著した『天才』の書籍の案内がわかりやすいので、読んでほしい。

高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。

比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど、激動の戦後政治を牽引した田中角栄。

その経歴から総理就任時には「庶民宰相」「今太閤」と国民に持てはやされ、戦後では最高の内閣支持率を得たが、常識を超える金権体質を糾弾され、総理を辞任。その後、ロッキード事件で受託収賄罪に問われて有罪判決を受けるも、100名以上の国会議員が所属する派閥を率い、大平・鈴木・中曽根内閣の誕生に影響力を行使。長らく「闇将軍」「キングメーカー」として政界に君臨した。

そんな希代の政治家・田中角栄といえば、類まれな権謀術数と人心掌握術に注目が集まるが、実はスケールが大きいわりに人一倍デリケートな一面があった。浪花節と映画をこよなく愛する、家族思いの人情家だったという。

田中角栄の「人に好かれる方法」

著書『天才』の案内にもあるけど、田中角栄の類まれな「人心掌握術」は非常に有名で、そんな角栄が語る「人に好かれる方法」は次の言葉に表れている。

「身内のことを知りなさい。
身内のことも知らないで一人前の口をきくな。

そして身内のために汗を流せ。
損して得を取れ。
手柄は先輩や仲間に譲れ。

そうすればお前、めんこがられて、好かれるぞ」

ポイントは2つ

  • 身内のことを知るということ
  • 身内のために汗を流すということ(損して得をとれ)

身内のことを知り、身内のために汗を流せ、という話。

身内っていうのは、僕らでいえば、家族はもちろんだけど。

仲間、先輩、後輩。企業でいえば、従業員だったり。(人によっては)お客さまだったり。

まずは身内を知れということ。仲間といえる人たちを大切にするということ。

家族や仲間にはいい加減で、他人にばかり、一生懸命な人もいると思うけど、そうではない、と語っている。

身内のために汗を流し、損して得をとれ、と。

あなたへの質問

さて、人に好かれるために、あなたへの質問です。

  • あなたは身内のことをよく知っているだろうか。
  • 身内のために汗を流し、彼らに手柄や得になることを譲っているだろうか。

17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告