約束の時間を守らない人は企業担当者(決裁権者)にどう思われるか

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

Twitterで話題の話

Twitterで『約束の時間を守る人と守らない人』の対称的なケースを漫画にしたものが話題になっていた。それが次のもの。

まあ、たしかにこんな感じだろう。

「約束の時間を守らない人はダメ」っていうのは多くの人がもつ共通の認識だと思うけど、今回は仕事の場(特にBtoB)で「実際にどの程度ダメなのか」「どう思われるのか」について、話していきたい。

僕は決裁権者だった

その前に僕について、少し触れると。

現在は企業に対するマーケティングの支援などをしているのだけど、独立前の会社員時代は某企業のマーケティング部の管理職をしていた。

広告などの予算が相当規模ある企業で。毎日のように多くの企業、営業マン、専門家の人たちが売り込みに来ていた。

では、本題に入っていきたい。

約束の時間を守らない人は企業担当者にどう思われているのか

約束の時間を守らない人というのは確かに存在する。

でも顧客である企業の担当者は面倒なので、1つひとつ注意したりはしない。

「遅刻は勘弁してください」くらいは言うかもしれないけど。

そんな基本的なことで叱ったり注意したりするのが面倒なのだ。

なので、(時間を守らない人は)全く叱られない場合もある。

でも、これは気にしていないとか、そういう話ではない。その実態は次のとおりだ。

最下位10%に入る

先ほど話したとおり、「遅刻する」人はいる。

でもその割合は10%以下。自分の感覚だと、5%くらいか。もっと少ないか。なので、約束の時間を守らないと、その段階で底辺の10%以下のところに入ってしまう。

逆にいうと、一度も遅刻しない人がかなりの割合でいる。

そうはいっても「遅刻しても関係ない。仕事と遅刻は別だから」という人もいると思うけど、それは何らかの特別な関係(つながり)があったり、よほど魅力的な企業(事業)。

たとえば、Googleのような企業であるならまだしも、通常の企業であれば、約束の時間に遅れた段階で厳しい状況に陥る。

発注前段階ではなおさら目立つ

これは実際に決裁権者などを経験すれば実感するのだけど。

発注前の段階は、大抵の企業が「うちの商品はここが優れています」「あそこが優れています」などと、次から次へと良いことばかりを言ってくる。

つまり、発注前段階は比較的良い話しか聞かない。そこで悪い話がゴロゴロと出てくるのであれば、発注はしないのだし。

そうした状況の中で「遅刻」ではもはや、そこを選択する理由がない。

時間に遅れることは仕事がダメだということ

約束の時間に遅れる人や企業の場合、その後、提供される商品やサービスについても不安が生じる。

たとえば、システム開発のような大きな案件を任せるのだとしたら。

「約束のスケジュールどおりにはいかないだろう」と不安になる。

社員が時間どおりに訪問することさえできない企業が、システム開発をスケジュールどおりに進めていくなどまずできないと考えてしまう。

初歩的なことができないのに、難易度が高いことはできないだろう、と。

と以上なのだけど。

これは僕だけではなく、多くのBtoB企業の担当者(発注者)が考えていること。

実は僕は決裁権者での経験が非常に長かったことから、BtoBの顧客(決裁権者)が営業マンや売り込みに対し、何を考えているのか、どうすれば買う(売れる)のかということを企業に研修することもあり、そのためにBtoBの顧客(決裁権者)に調査をすることがある。

すると、全てが同じ意見で。

「そんな初歩的なことができないところには任せられない」

という意見。

先ほども話したとおり、例外としては世界的企業であるとか、他に代わりがいないような専門家であるとか、そういう類のものであれば、「仕方がない。そういう人だから」などと我慢することはあるだろうけど、それは本当に例外的な話で、基本は致命的なもの。

時間には遅れないようにする。

それを破ることは本当に致命的なことだと思う。

まとめ

  • BtoBの場合、時間に遅れることは最下位10%に入るということ
  • 発注前段階ではなおさら目立つ
  • 時間に遅れることは仕事がダメだということ

あなたへの質問

  • あなたは遅刻していないだろうか。時間に遅れるくらい、大したことがないと考えていないだろうか。

追伸

ベンチャー系は比較的、「遅刻が多い」と言われているけど。

当時、対応していただいたサイバーエージェント社の社員(担当者)、オプト社の社員はほぼ5分前には来ていた。そういう基本的なことも押さえていたからこそ、あれだけ成長したのだと思う。


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告