死ぬほど「売り込み」を受け続けると見えてくる「売れる理由」

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

営業を受け続ける

独立する以前。

会社員時代の約10年。僕はある部署の管理職で膨大な営業(売り込み)を受け続けていた。

meeting-1184892_640

営業をするのではなく、営業を受ける

営業マンなどの訪問はもちろん。電話やメール。

中にはもっと特殊な売り込みもありました。やや迷惑行為なので、ここでは説明しませんが、やる人は凄い。フツウではないところから攻めてきます。

10年間。毎日のように次から次へと、です。

売り込みをしてくるのは、営業マンが多かったですが、それだけでなく、経営者の方や専門家の方など、本当に様々で。極めて優秀な人もいたし、そうでない人もいた。

それだけ、顧客(発注側)として、売り込みを受け続けるとどうなるのか。

売れる人がわかってくる

よく大量の新卒採用のための面接官をしたりすると、「学生が部屋に入ってきた瞬間に(どの程度の学生か)わかるようになってくる」などと言うが、まさに同じようにわかってくる。

10年間。毎日のように、膨大な営業マンや専門家の売り込みを受け続ける中で、「あー、そうなのか」と気づいたことが「いくつも」あった。

売れる人はここが違う

売れない人はあれが違う

などと、だ。

中も僕が極めて重要だと思ったことはいくつかに絞られるのだが、そのうちの1つについて、これから触れていく。

極めてシンプル

といっても、内容はとてもシンプルだ。

誰もがわかっていると思うのだけど(いや、わかっていないかもしれないけど)、その重要性がわからず、ほとんどの企業や人ができていないこと。

ここができれば、売れ続ける

売れている人は売れているから、「そこ」ができているともいえる。

なので、卵が先か、鶏が先か、ともいえるが、ここが十分にできている人はやはり売れ続ける。

今回はそんなコンテンツを公開したので、興味がある方はご登録ください。

登録ページで伝えていることはここに書いたとおりのことや、プロフィールなので、内容をすぐに知りたい方はざっと読んで、最後のフォームで登録する方が早いです。

現在、この『SELPRO』で2位のコンテンツです。

誰のためのコンテンツか

今回のコンテンツは主に起業家向けだ。なので、大手企業向けではないが、特に営業の方には役立つ。

2位なので、1位ではないが、人気のコンテンツ。

興味がある方は次からご登録ください。

僕自身、これを意識しているおかげで、紹介などをいただけている。

次のページから、どうぞ。

お客が買いたくなる「売れ続ける人の違い」お客の本音を公開!

お客が買いたくなる「売れ続ける人の違い」お客の本音を公開!
  売れない自分が信頼され、売れ続ける人になる今回、ご提供するのは『お客が買いたくなる「売れ続ける人の違い」お客の本音を公開!』です。売れない自分が信頼され、売れ続けるようになる、たった1つの法則、です。 こんにちは。企業や起業家のマ...
sponsored link
レクタングル(大)広告