1分で話せ 書評/まとめ

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

『1分で話せ』

現在、Amazonの書籍の総合ランキングで57位(2018年4月26日)。
最近、ランキング上位が続いている本『1分で話せ

商品やサービスなどを提案する場合においても「シンプルに何なのか」をスムースに伝えたいと考える人もいると思うので、今回はこの1冊を紹介したい。

ただ、この本は『1分で話せ』というタイトルのとおり、表紙を見れば、その内容の大枠がわかってしまう。

「結論」+「根拠」+「たとえば」=「で伝わる・記憶に残せる」

結論から話し、根拠を述べて、そのあとにたとえば……と具体例を話していく。そんな流れだろうな、というのが伝わってくる。

著者はYahoo!アカデミア学長であり、グロービス講師でもある伊藤羊一氏

表紙にはこうある。

「孫社長にも認められたプレゼンターの『強く』『印象に残る』話し方」

それでは印象に残った点、ポイントなどを話していきたい。

印象に残ったポイント

1分でどんな話も伝えられる

「どんな話でも『1分』で伝えることはできる」

逆にいえば、1分でまとまらない話は何時間かけても伝わらない。

余談)僕は多くの営業マンの対応をする顧客(発注者/決済権者)だったことがあるのだけれど、その時にもこれは少し感じたことがある。30分ほどのプレゼンであったとしても、それをシンプルに1分ほどで話せない人は、30分ほどのプレゼンもうまくはやれない。
要は、重要なポイントが明確になっていないからだ。



誰に何をどうしてもらいたいのか。

「何のためにプレゼンするのか」ということを言語化すると……

ほとんどの場合、

「(どこで)誰に、何を、どうしてもらいたい」

という構造になっている。

誰に

まず、相手は「誰」なのか。

  • どういう立場にいるのか
  • どんなことに興味があるのか
  • どんなことをこのプレゼンに求めているのか
  • 専門的な要素についてどのくらい理解できるか
  • 何をどんな風に言うとネガティブな反応をするのか

行動(どうしてほしいかを考える)

聞き手に単に理解してもらうのではなく、「理解したうえで、どうしてほしい」のか、聞き手が動くのか、話し手が動くのか、どうすればいいのか、を必ず考え、伝える必要がある。

余談)僕が接してきた「自信のある優れた営業マン」は単に商品やサービスを説明して、相手(顧客)に理解してもらうだけではなく、商品を購入してもらう、前提が明確にあるので、商品購入後の説明も具体的にしてくる。

ワンメッセージで伝える

「自分の伝えたいことを、一言のキーワードで表す」

自分の伝えたい内容を「一言(のキーワード)」に包み込む。

悩むのではなく、考える

悩んでも結論は出ない。
考える(結論を出す)習慣をつくることが重要。
そのための黄金の質問は次の3つ。

  • だから何
  • ファイナルアンサー
  • 本当か

文字、言葉、文章をシンプルにする

「使う文字・言葉を少なくし、文章をややこしくしない」

プレゼンで話す言葉は特に「短く、言い切る」ことを心がける。

イメージしてもらう方法

イメージを描いてもらうための2つの方法

  1. ビジュアルを見せる
  2. 「たとえば」といって、具体的な事例を示す

人前で話す時のポイント

  1. 視線:しっかり聞き手を見る
  2. 手振り:多少、動きをつける
  3. 声:相手と対話するように声を届ける
  4. 間合い:話の区切りで、普段より3秒ほど長く、間をとってみる

フレームワーク

話の進め方、基本は3段で作る。

  • 「結論」→「根拠」→「たとえば」の流れ。

伝え方のパターン

  • SDS:Summary(まとめ)-Detail(詳細)-Summary
  • PREP:Point(主張)-Reason(根拠)-Example(例示)-Point
  • PCSF:Problem(問題)-Change(変化)-Solution(解決策)-Future(未来)

相手の質問に対して

想定外の質問を突然された場合、早く答えなければと焦る必要はない。まず落ち着いて相手の質問を聞き、次のことを考えて答える。

  • YES/NOで答えればいいのか
  • アイデアを聞かれているのか
  • 懸念点を答えればいいのか

書籍内容

1分でささる伝え方!

●ヤフーアカデミア学長にしてグロービス講師
孫社長にも一目置かれた伝説の「伝え方」!

・プレゼンに限らず、人前に立って話をする、指示をする、伝える、ということが苦手な方はいるでしょう。著者の伊藤氏は、そのプレゼンを聞いたソフトバンクの孫社長から認められるほどの技術の持ち主であり、今はグロービスの講師として、ヤフーアカデミアの学長として、起業家からビジネスパーソンまで年間300人以上のプレゼンを指導し、ピッチコンテストなどでの優勝者を続々と輩出しています。本書では、「右脳と左脳」に働きかける伊藤氏独特のメソッドを紹介します。

●1分で話せない話は、どんなに長くても伝わらない

・「話が長い、手短に話せ」と言われる方は少なくないでしょうが、伊藤氏の考えは「1分で話せないような話は、どんなに長くても伝わらない」というもの。長いのは話がまとまっていない証拠でもあり、相手に伝わらない一番の原因。そこで本書では、伝わる伝え方の「型」の部分だけでなく、「結論の決め方」、「言い切れない」というメンタルの部分の話から、1分で記憶に残す方法など、誰でもできる方法を紹介します。

著者説明

伊藤羊一(いとう よういち)
ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア学長。
株式会社ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒。グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了。1990年に日本興業銀行入行、企業金融、事業再生支援などに従事。2003年プラス株式会社に転じ、事業部門であるジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、事業再編などを担当した後、2011年より執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。
かつてソフトバンクアカデミア(孫正義氏の後継者を見出し、育てる学校)に所属。孫正義氏へプレゼンし続け、国内CEOコースで年間1位の成績を修めた経験を持つ。
2015年4月にヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ科目の教壇に立つほか、多くの大手企業やスタートアップ育成プログラムでメンター、アドバイザーを務める


17年超の経験をもつプロが
売れる秘密」を提供

17年間やってきて、コレをやったらまず売れない、という話もしていきます

オススメ

・独立、起業で失敗したくない人
・世の中の多くの情報の中、無意味な情報で失敗したくない人
・商品、コンテンツの開発、集客や顧客について間違えたくない人

提供する情報

17年超のマーケティング経験をもつプロが厳選した情報。
実際に成果が上がった情報をご紹介します!
優先的にイベントなどの情報もお届けします。

実際の現場で使える内容です

メール講座 これまでの一例

・超怠け者のシゴト術
・怠け者の起業家はどうすればいいのか
・あなたの問題を解決しながら、売れる商品が創れる1つの方法
・10倍読まれるコンテンツが創れる3つのステップ
・売れる商品を創るために100%必要な視点「商品の前に創らないとダメなモノ」
・実績がない、お金がない起業家が意識すべき3つのコト
・成果を出せない人が物事を達成できない理由
・目標、ゴールが10倍実現する「計画」を立てる5つの法則
・独立起業に必要な「自信」を創る2つの方法
・多くの人を魅了する商品を創る方法
・流行に乗る商品と乗らない商品、どちらが成功するのか
・集中できない人が嫌でも集中できる4つの方法
・なぜ、思考は現実化しないのか、その理由とは

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


 

「無料なのに有益なノウハウ」

「素晴らしい情報ありがとうございます。有益なノウハウをいただけるのでとてもありがたい講座だと思っています」

「自分のビジネスに使うことを考えて、読んでいます」

「マーケティングを深く理解していなかったので、自分たちのビジネスにどう組み合わせればいいかと常に考えながら、読んでいます」

「使える情報で満足」

「大変、満足。 特に◯◯の作り方や◯◯を活用した手法は今日から日々の活動に反映していけるものでした。 (中略)◯◯や◯◯もトークスクリプトに反映できそうだと思いました」

運営責任者:橋本哲児

売れるマーケティングの専門家 主にダイレクトマーケティング、WEBマーケティングの世界で17年間活躍。 東京都港区在住、兵庫県西宮市出身。 1999年、大手保険グループの生命保険事業のダイレクトマーケティングに取り組む。当初は成果がでない苦悩の日々が続く。 しかし、いくつかの独自の方法を開発することで成果が出始め、そこから全てが変わり、ネットマーケティングでは「国内トップクラスの担当者」などと評価されるようになる(ダイレクトマーケティング部課長兼インターネットビジネス総責任者に従事)。 2008年に独立。大手上場企業や起業家(中小企業)などの顧問を歴任。 現在はリサーチや分析、商品開発、セールスコピー(ライティング)、ブランディングなどを通じて、効果的なマーケティング展開をコンサルティングする。ライフワークとしてスティーブ・ジョブズなど偉大な業績をあげた人物の研究を続けている。著書に『逆境を乗り越える ジョブズ 魂の言葉 』『顧客の「本音」がわかる9つの質問』『世界を変える「自分」になる19の法則』がある。

登録は無料

申込はカンタン。5秒で登録可能!
今なら『売れるメール講座』に無料で参加できます!


sponsored link
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

sponsored link
レクタングル(大)広告