起業家が悩みすぎて眠れない時にやってほしい3つのこと

シェアする

sponsored link
レクタングル(大)広告

悩みすぎて、眠れないようなことはないだろうか

起業や独立をしている人はどうしても仕事だらけなりがち。

特に創業時はそうで、会社を辞めたりしてスタートしたのだし、不安と期待が入り混じった状況で、不安から逃れたいから頑張るし、期待もしているから頑張る。当然、仕事だらけになりがち。

でもそれだと燃え尽きてしまう。いかに好きな仕事や情熱がある仕事でも工夫をせずに、ひたすらに仕事をしていたら、モチベーションが低下してくる。特にそれが成果がなかなかでないような状況だとなおさらだ(だから、燃え尽きる前に短期に成果を上げることが重要な面もある)。

というわけで「休む」ことは重要だ。最近では『スタンフォード式 最高の睡眠』などの本も人気があるので、そこは意識している人が多いかもしれないが。

参考:
全体に影響を及ぼす問題を考える上で参考になる記事は次のもの。

『スタンフォード式 最高の睡眠』書評/まとめ「睡眠の質を決めるのは…」
『スタンフォード式 最高の睡眠』この本を見つけたのは随分と前だと思う。いつだったか、記憶にないくらいで。でもそのタイトルのインパクトに気にはなっていた。  何といっても「スタンフォード」で「睡眠」だ。ビジネス系だったらわかるけど。その違和...

休憩、睡眠の時間は必要。ただ、絶対にやってはいけないことがある。今回は「起業家が悩みすぎて眠れない時にやってほしい3つのこと」について話していきたい。

休憩や睡眠の時間をうまくとれないと、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積し、自分にとっていいことはないし、仕事もできないし。顧客と接していても、相手(顧客)から見て「この人、疲れているな……」という感じになってしまう。なので、ここは本当に重要。

でもそんな偉そうなことは僕は言えない。
恥ずかしい話。僕はこの休憩や睡眠時間をうまくとることができなくて、相当参ったことがある。

ベッドに入っても眠れない。「あれ、大丈夫かな」「これ、大丈夫かな」とひたすら思い悩み、2時間経っても、3時間経っても眠れない。もう、一日中眠れないなら、仕事をした方がマシだな、と。一睡もせずに仕事に出たことは幾度となくある。

ただ、これから話すことのおかげで皆無ではないけど、随分とラクになってきた。

それでは本題に入りたいと思う。

起業家が悩みすぎて眠れない時にやってほしい3つのこと

過去を思い悩まないこと

最も重要だと考えているのが……。

「過去を思い悩まないこと」

これは本当に重要で。
過去のことを思い悩んではいけない。

こういう話をすると、過去のことを考えなければ、ビジネスはできないだろう、と考える人がいると思うのだけど。そうではない。

PDCAを回すことや改善のために「過去」のことを振り返る必要はある。
ただ、ここで注意してほしいのは、過去のことを未来のために「考える」のは良いのだけど。未来のためのでも何でもない、ただただ「悩む」のは避けてほしい。

つまり……

「思い悩む」のではなく、「考える」。

僕はこのシンプルなことに気づくのに、随分かかった。ただ、言葉としてでなく、実感として理解できるようになると随分と楽になる。

だから……

「あれは失敗だったかな……」
「自分のビジネスはダメかもしれない」
「なんであんなことをしたんだろう」

などと過去を思い悩んではいけない。

過去のことはどれだけ思い悩んでも、1ミリだって変わることはない。これは失敗だけではない。成功だって同じで。成功しようが、失敗しようが、過去のことをいくら考えても、これから先の未来には何の影響も及ぼさないし、関係もない。

未来につながることを考える

それでも、大きな失敗など、どうしても思い悩んでしまうことがあるはず。

これは僕にもある。ロボットではなく人間なのだし。簡単ではない。

ただ、過去を振り返るとしても、「未来」につなげるために過去を見ることだ。そうして、悩むのではなく、考える。

「未来」を意識するだけで随分と変わる。未来は思考を変え、行動を変えれば、より良いものに変えることだってできるのだ。

それでも過去のことを考えてしまう時は書き出す

上の2つで少しは楽になるはずだけど、それでも過去のことを思い悩み、休めなかったり、眠れなかったりする場合は、頭の中にあるものを書き出すことだ。

目に見える形になっていないから、思い悩む。
だから、具体的に目に見えるようにノートなどに書き出し、より良い状態(未来)にしていくため、どうしたらいいかを考える。

目に見えるようすれば、頭の中がすっきりしてくるし。思い悩んでいることの根本的な問題が見えてくれば、解決すべきことが明確になる。

1つひとつ前進していくことになる。

……と、この3つを騙されたと思ってやってほしい。

「そんな簡単なことで……」と思うかもしれないけど、頭の中でただ思い悩んでいる状態と比べ、明らかに精神的に楽になるし、前進する。その上で休んだり、眠ったりすればいい。特に眠れない日が続いている時などに試してほしい。

まとめ

  • 過去を思い悩まないこと
  • 未来につながることを考える
  • それでも過去のことを考えてしまう時は書き出す

あなたへの質問

悩みすぎて眠れないようなことにならないため、最後に次の質問に答えてほしい。

  • あなたは過去のことを思い悩むことが続いていないだろうか。
  • そうした時、未来につながることを考えているだろうか。
  • 過去のことを考えてしまいすぎるような時、きちんと状況を書き出しているだろうか。できれば、手書きが望ましい。
sponsored link
レクタングル(大)広告